オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、屋根にコケが発生してしまったら劣化のサインです


屋根にコケが発生している方いらっしゃると思います。
確かに屋根にコケが発生してしまっていると見栄えは悪くなってしまいますが、それだけなら対処しなくても良いと考えている方もいらっしゃるはずです。
ですが屋根にコケが発生してしまっている場合のデメリットは、見栄えが悪くなってしまうことだけではありません。
屋根にコケが発生してしまっていると劣化してしまっている可能性があります。

屋根にコケが発生してしまっている場合に起きる劣化の症状についてお話ししていきます。
苔の生えたコロニアル屋根
ちなみにこちらが苔の発生している屋根の例です。
草津市のあるお客様宅で撮影させていただきました。
劣化したコロニアル屋根
劣化したコロニアル屋根別アングル
roof-2490864_1920-columns1
劣化の症状について

塗装が剥がれている

屋根の表面がザラザラしている場合、屋根にコケは発生しやすくなります。
そして屋根がザラザラしているということは屋根の塗装が剥がれてしまっている可能性があります。
最悪の場合だと屋根にひび割れが起こってしまっている可能性もあります。
コケが発生している箇所が広ければ、屋根の劣化は全体に及んでしまっているかもしれません。

塗装の効果がなくなる

屋根に塗る塗料は家を守るための様々な機能が備わっています。
その中にはコケの繁殖を防ぐ機能もあります。
ですが月日が経つにつれて塗料の効果は次第に失われていってしまいます。
つまり屋根にコケが発生してしまっているということは、塗料の効果が失われてきているということになります。

屋根に塗る塗料には艶のあるものが多く存在し、艶でツルツルしているとコケが付着しにくくなります。
その艶も徐々に失われていってしまうので、コケの発生や繁殖が進みやすくなってしまいます。

まとめ

今回は屋根にコケが発生してしまったら、劣化のサインなのかどうかということについてお話ししてきました。
屋根のコケが発生してしまっている場合は、劣化の可能性があります。
その際によく見られる症状として挙げられるのが、塗装が剥がれてしまっていたり、塗装の効果が失われてしまっていたりします。

草津市以外の方も屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181