オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、野地板に使われる構造用パネルやバラ板とは?


d9897ecf869f513460e66ad1f1bc21e5_s
野地板は屋根材やルーフィングを支える部材となっています。
野地板には色々な種類があり、素材の違いもありますので紹介します。
野地板張り下から確認
完成下アングルから

野地板とは?

屋根は野地板、垂木、野地板、ルーフィング、屋根材などで構成されます。
野地板にはルーフィング、屋根材を支える重要な役割があり、構造用パネルやバラ板、耐火野地板などが使われることがあります。
野地板は建物が完成すると、外側からは見えなくなくなるので、構造用合板ではなく、ベニヤ板やコンパネを使用する業者もいて注意が必要。

構造用パネルとはどんなものなの?

野地板として使われている構造用パネルは木片と合成樹脂接着剤を混合して高圧でプレスして作ります。
構造用パネルにはサイズや厚み、等級が色々あります。
中には910 mm×1820 mmで、厚み12mmといったサイズがあり、ホルムアルデヒドの放散量が抑制されていることがあります。
構造用合板と似た部材で、コンパネ(コンクリートパネル)がありますが、用途が全く違います。

バラ板とはどんなものなの?

小幅板や荒野地と称されるバラ板は約90~120mm位にカットされており、野地板として使われていました。
バラ板は隙間を空けて垂木の上に配置することで通気性を確保して、腐食することを防止します。
杉の木が使われることが多いバラ板は、築40年程度の住宅に使われていることが多いです。

耐火野地板はどんなもの?

耐火野地板は火に強く、中には断熱や吸音といった性能などに優れたものがあります。
建築基準法における準防火地域や防火地域では耐火野地板を使わなくてはなりません。
耐火野地板は木毛セメント板や片セメント板といった種類があります。

まとめ

野地板はルーフィング、屋根材を支える重要な役割があります。
野地板には、木片と合成樹脂接着剤で作った構造用パネル、杉を使ったバラ板、火に強い耐火野地板といった種類があります。 

草津市の方に限らず
屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181