オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

家の屋根が汚れてしまう原因とは?


屋根は汚れてしまってもなかなか気づきにくい部分ではあります。飛んできたゴミやホコリなどによって汚れてしまう場合もあれば、雨などを常に受け止めているので汚れてしまいやすい部分でもあります。
こういった屋根ですが汚れる原因は大きく分類して3つあります。
その汚れる原因について徹底解説していきますので、屋根を汚したくないと思っている方は理解しておきましょう。
moss-1563711_1920-columns1
屋根が汚れてしまう理由について

塗装の劣化
家の屋根には屋根を守るために塗装がされていますが、常に直射日光や雨にさらされているので月日が経過することによって次第に塗装は劣化してしまいます。
塗装が劣化してしまうと色褪せがおきてしまったり、艶が無くなってしまったりします。
色褪せが起こってしまうと屋根の見た目は明らかに汚く見えてしまいます。

それに塗装によって出ていた艶が失われてしまうと今まではツルツルしていた屋根がザラザラになってしまいます。     

サビ
金属製の屋根の場合だと雨や湿気によって金属部分にサビが発生してしまいます。
初めは一部部しかなかったサビでも放置してしまうと周りにもどんどんサビを広げていってしまいます。
屋根の内部にまでサビが入り込んでしまい、屋根材が腐食してしまう可能性もあります。

コケ
コケは特にお家の北側に発生します。
北側だと日当たりがとても悪くなってしまうので自然と湿度が高くなってしまい、コケは湿気の高い場所を好んでいるので北側の屋根にはコケが発生する可能性が高いです。

まとめ

今回は家の屋根が汚れてしまう原因についてお話ししていきました。
屋根が汚れてしまう理由は塗装の劣化、サビ、コケの3つが挙げられます。
塗装の劣化やが屋根に見られたり、サビやコケが発生してしまっている場合は放置せずにすぐにメンテナンスを行うようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181