オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

日本三大瓦のそれぞれの特徴について!!


cedbc2ff3241e12c7f1e5c4b232728ac-columns1
最近ではスレート屋根を使用する家が多く、あまり瓦について知らない方も増えてきましたが
今回は日本三大瓦と言われている『三州瓦』『淡路瓦』『石州瓦』についてご紹介します。
日本三大瓦は三州(愛知県西部)淡路(兵庫県淡路島)石州(島根県西部)が主な生産地で
それぞれの瓦で特徴も異なってきます。
今回は日本三大瓦についてご紹介していこうと思います。
瓦にあまり馴染みのない方も興味を持って頂けたらと思います。

日本三大瓦の特徴について

【三州瓦】
三州瓦を生産する愛知県西三河地方は全国でも最大規模の瓦生産地になります。
この地域の瓦は焼成温度が高く、優れた耐火性、冷害に強い特徴があります。
発祥は1700年頃と言われていて良質で豊富な粘土に恵まれて交通の便も良かった
事から、三州瓦は全国に流通しています。

【淡路瓦】
淡路瓦の特徴は火や雨や寒さに強く、通気性が良好でキメの細かい美しい仕上がり
が特徴です。瓦の中でも歴史は古く1300年頃から生産されていると言われています。
淡路瓦の特徴として『なめ土』と呼ばれる粘土瓦に適した土を用いてるので
粒子が細かく美しい仕上がりになっています。

【石州瓦】
石州瓦は雨や寒さ、台風に強く薄くて軽く、塩害に強い特徴を持っています。
石州瓦が造られたのも淡路瓦と同じで1300年頃からと言われています。
石州瓦の特徴は良質の白陶土(はくとうど)と来待石(きまちいし)から採れる
釉薬(ゆうやく)を使用する事で作り出される柿色の瓦『赤瓦』になります。
赤瓦は高温で焼成することで耐候性に優れ、冷害にも強い製品として
山陰地方をはじめ全国に拡大していきました。

まとめ

今回は日本三大瓦のそれぞれの特徴をご紹介しました。
瓦屋根はイニシャルコストは他の屋根材に比べると高くなりますが
20~30年の長期スパンでみると割安になります。
瓦のズレや剥がれなどの定期的な点検は必要になりますがスレート系や
金属系のような表面劣化は少なく、長期間きれいな状態で屋根を維持できます。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181