オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

散水調査とは?メリットとデメリットについて


downpour-61916_640
散水調査はご存じでしょうか?
雨漏りは雨水の侵入口が分からないと修理することはできません。
散水調査は雨水の浸入口を調べたり、修理後の確認を行ったりするために必要なので紹介します。

散水調査とは?メリットはあるの?

散水調査は、実際の雨を再現し雨水の侵入口を調べます。 
雨水の侵入口は目視確認だけでは分からないことが多く、ホースやバケツなどの水を使って雨漏りの現象を再現します。 
水量や、水をかける時間や向き、強さなどを変えて色々な状況を想定して行います。 

屋根に水をかけるだけであれば誰でも行えますが、散水調査は技術や経験が必要です。  
散水調査は雨漏りを再現することで、雨漏りの原因特定がしやすいです。 
散水調査で雨水の侵入口を発見し修理した後、再度、散水調査を行うことで、雨漏りの修理がしっかりできたかどうかを確認することは必要です。

散水調査のデメリットとは?

散水調査で、すぐに原因が特定できないこともあります。
例えば、何通りもの方法で水をかけるので、1日やそれ以上時間がかかるデメリットがあります。
雨水の侵入口は1つとは限りませんので、複数あることも想定して時間をかけないといけません。

雨水の侵入口をしっかり調査しないと、修理自体が無駄になるので、確実に散水調査を行う必要があります。
また、散水調査では、調査する家の水道水を使わして頂くため、水道代がかかり、調査を依頼した方の負担になることがあります。

まとめ

雨水の侵入口は目視確認だけでは分からないことが多く、散水調査では実際の雨を再現し雨水の侵入口を調べます。 
散水調査は実際にホースやバケツなどの水を使って雨漏りの現象を再現しやすいメリットがあります。 
何通りもの方法で水をかけるので、1日やそれ以上時間がかかるデメリットがあります。

屋根の雨漏りで困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181