オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨の日に屋根工事ってできるの??


rain-432770_1920-3-columns1
それでは今回は雨の日に屋根工事はできるのか?というお話しですが
雨の日の屋根工事は危険を伴う為、あまり行われません。

たとえ足場がある場所であっても地面とは違い、とても狭い所で金属の上で雨が
降って濡れているととても滑りやすい状態になっています。
屋根の上は平屋でも3mもあり雨が降って滑りやすい状態でとても危険な為
作業する事が難しいと考えられます。


着工前
台風後などの雨漏りがあった際によく見られるブルーシートがかかった屋根ですが
ブルーシートをかける事も雨の日には出来ません。
足場もなくハシゴで屋根に上り、ブルーシートを張った上に立たなくてはなりません。
雨が降りブルーシートが濡れてる場合、屋根には傾斜があるので滑ってしまい
大変危険です。業者に雨が降っているからと断られてしまっても
絶対にご自分で作業するのはやめましょう。
防水シート重ね状況
雨の日に工事をしないのは危険なだけではありません。
屋根をめくると防水シートがありますが、防水シートの下には野地板(下地)があり
防水シートが傷んでいたりする時など野地板に雨が浸透するとカビが生える原因にも
なるからです。なので雨が降っていない時がベストなのです。

また瓦屋根の土葺きの場合も同様で瓦も雨で滑りやすくなり瓦の下の土が
水分を含み大変重たくなり作業効率も悪くなり、土が雨樋に流れて詰まってしまう
恐れがあります。
このように様々な理由で雨の日は工事を行わない事が多いのです。
また、状況によっては雨の日の工事が行える場合もありますので確認しましょう。

まとめ

今回は雨の日でも屋根の工事はかのうなのか??という事についてお話ししました。
災害時などのブルーシートもですが、業者に方に雨で断られてしまっても
絶対にご自分で屋根に上るのはやめましょう。
最悪の場合、落下などをして命を落としてしまう可能性もあります。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181