オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根を葺き替えるべき状態とは?


家を建ててから何年も経つと、屋根の汚れや傷等が気になり始めると思います。
経年劣化から、雨漏りを気にしている方もいらっしゃると思います。
そんな方におすすめなのが屋根の葺き替え工事です。
屋根の葺き替え工事とは屋根のリフォーム方法で、屋根を丸ごと取り替えるイメージで捉えて頂いて構いません。

屋根の葺き替えるタイミングを間違えてしまうと、雨漏りしてしまったり、家を傷付けてしまう危険性があるので皆さんも屋根の葺き替えるべき状態について把握しておきましょう。
man-4933882_1920-columns1
屋根を葺き替えるべき状態

屋根全体の色あせ
屋根の表面の屋根材が経年劣化によって全体的に色あせてしまっている場合は葺き替えるべきタイミングです。
屋根が劣化している状態なので雨漏りに繋がってしまう可能性があるので危険です。

屋根全体にヒビが入っている場合
屋根自体が何らかの影響によってヒビ割れしてしまっている場合は葺き替えを行うべきです。
少量であれば補修程度で済みますが、複数入ってしまっていると雨漏りしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

屋根にカビや苔が発生している
屋根にカビや苔が派生している場合は、屋根の塗料の防水性が劣化しているサインです。
屋根塗装で解決する場合もありますが、ひどい場合には葺き替え工事が必要になります。

屋根から雨漏りしている場合
雨漏りしている場合は非常に厄介で、葺き替え工事を行うことによって水が入ってくることは無くなりますが、既に侵入してしまっている水は何らかの形で補修を行う必要があります。
そのため費用が余分にかかってしまいます。

まとめ

今回は屋根を葺き替えるべき状態についてお話してきました。
屋根前提が色あせていたり、屋根全体にヒビが入ってしまっている場合などの症状が見られたらすぐに屋根を葺き替えるべきだと思います。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181