オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

折板屋根の劣化とは?メンテナンスについて紹介!


eed73375c07a2c5bbff7e66104637ac3_s
折板屋根を使った工場や倉庫の中には、経年劣化によってメンテナンスが必要なことがあります。
新築した後に15年以上経過したら、専門の業者に依頼して点検してもらいましょう。
折板屋根の劣化とメンテナンスについて紹介します。

折板屋根の劣化について

工場や倉庫などで使われている折板屋根は、新築から30年以上経過していることも珍しくありません。 
ボルトキャップがない重ねタイプは、赤錆がボルトに発生していることがあります。
新築から15年程度経過したはぜ締めタイプや嵌合タイプの折板屋根には、赤錆や孔あきなどが発生するケースが見受けられます。

折板屋根のメンテナンスについて

板屋根のメンテナンスには、塗り替えとカバー工法があります。
漏水などの発生がなく、塗装面にチョーキングや剥離など劣化が発見されたら塗り替えで対応。
孔あきなどが発生し、雨漏りの原因になっている場合は、カバー工法によるメンテナンスを行います。
 
メンテナンスの方法は、点検する業者によって異なるので、信頼できる専門業者に依頼しましょう。 
塗り替えでは、高圧洗浄、研磨(ケレン)、下塗り、上塗りが行われます。 
高圧洗浄は、高圧洗浄機で屋根のゴミや汚れを洗浄。 

研磨では、スクレイパーなどを使って、傷んだ塗料などを取り除き綺麗に磨きます。 
下塗りでは、折板屋根の錆を抑制する錆止め剤を塗ります。
最後に上塗り用の塗料を塗って塗り替えは完了です。 

カバー工法は既存の屋根材を撤去しないで、新しい屋根材を被せる方法です。 
既存の屋根材を撤去する必要がない上、屋根材を処分する手間が省けます。

まとめ

新築から15年程度経過した折板屋根には、赤錆や孔あきなどが発生するケースが見受けられます。 
塗装面にチョーキングや剥離など劣化が発見されたら塗り替えで対応、孔あきなどが発生し、雨漏りの原因になっている場合はカバー工法でメンテナンスを行います。

折板屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181