オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨どいが劣化する原因は?交換時期はいつなの?


rain-gutter-473845_640
ご存じだとは思いますが、雨どいは屋根に降った雨を効率よく下水などに流すために配置されています。
雨どいも様々な原因で劣化して交換時期がくるので紹介します。

雨どいが劣化する原因は色々ある!

雨どいは、屋根と同様に日々の、雨、風、雪といった過酷な環境に晒されて劣化が進行。
屋根に付着したホコリや砂が雨によって流されて雨どいに運ばれていきます。
そのまま下水に流れてしまえば雨どいには問題が発生しませんが、雨どいに溜まってしまうことがあります。

専門業者に頼んでまめに屋根の点検を行えば、溜まったホコリや砂に気付きます。
ただ、長年点検を行わず、溜まったホコリや砂を放置すると、ホコリや砂の重みによって雨どいが歪んでしまうことがあり注意が必要です。

更に雨どいにとって強風は大敵です。
台風によって強風が吹くと、雨どいが揺さぶられて歪んでしまうケースが目立ちます。
最悪、雨どいが破損して落下してしまうことさえあります。
降雪地帯の場合、積もった雪のせいで、雨どいの歪みが発生。

雨どいが歪んでしまうと雨水が壁や基礎にかぶるようになり、住宅の寿命を縮めてしまいます。
また、自分の家の雨水が、隣の家にかかるようになり、迷惑をかけることもあるので注意して下さい。
樹脂でできた雨どいは紫外線に当たることで劣化が進んでいきます。

雨どいの交換時期はいつなの?

雨どいの交換時期はだいたい15~20年程度だと考えられています。
ただ、雨どいの掃除を怠ると、もっと早く交換しなければならないこともあります。
専門業者に依頼して、雨どいの点検を行うことをおすすめします。

まとめ

雨どいが劣化する原因は、溜まったホコリや砂、台風などの強風、雪、紫外線があります。
どれも、日本では避けられない原因が多く、いずれ雨どいは劣化します。
雨どいの交換時期はだいたい15~20年程度だと考えられ、雨どいの掃除を怠るともっと早く交換しなければならないこともあります。

雨どいに困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181