オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根で使われる塩ビ鋼板とは?どんなメンテナンスをするの?


252fa9631e6e285b9eff87f8e6194028_s
塩ビ鋼板(塩化ビニル鋼板)は鋼板にポリ塩化ビニル樹脂をコーティングした建材です。
あまり馴染みのない建材ですが、豊富な色やサイズ、形、材質がラインナップされ、腐食しづらく、酸性雨にも強いので紹介します。

塩ビ鋼板とはどんな建材?

塩ビ鋼板は、海岸に接する屋根や外装材に使われることがあります。
耐ガス性、耐薬品性に優れ、意匠性をもっているので、玄関扉をはじめ、住宅設備機器、電気機器にも使われます。
特殊フィルムにグラビア印刷を施した塩ビ鋼板に加え、厚膜塗装を施され表面がエンボス加工の塩ビ鋼板もあります。

昔の塩ビ鋼板は塗膜ふくれやはがれが懸念されることがありましたが、塩水噴霧試験(10,000時間)で耐食性に異常が無かったり、15年の保証制度(塗膜ふくれ、はがれ)があったりするので安心して使えます。

塩ビ鋼板のメンテナンスについて

塩ビ鋼板の塗替え時期の目安は15~20年となっています。
よくある劣化の症状は、錆をはじめ、変色、変形、塗膜の剥離や変退色、錆汁、カビ、藻、粉塵、排気ガスによる汚れなどです。

塩ビ鋼板の塗り替えでは、さび止めを塗布する前によく密着するようにプライマーを塗布することがあります。
次に、下地材を塗布した後に、防食性が高い錆止め剤を塗ります。
最後に、耐久性が高い塗料を塗って仕上げます。

塗り替えによるトラブルの多い塩ビ鋼板は、塗り替えをしっかり行います。

塗り替えをしっかり行わないとすぐに塗膜剥離や塗膜汚染がはじまりますので、専門業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

塩ビ鋼板は、信頼性が高く、塩水噴霧試験(10,000時間)で耐食性に異常が無かったり、15年の保証制度(塗膜ふくれ、はがれ)があったりする建材です。
塩ビ鋼板の塗替え時期の目安は15~20年で、劣化すると錆をはじめ、変色、変形、塗膜の剥離や変退色などの症状があらわれます。
プライマー→下地材→錆止め剤→耐久性が高い塗料を塗って塗り替えを行います。

塩ビ鋼板に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181