オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

折板屋根とは?特徴や種類について


d139c4807b8c2694c65608e952eacc87_s
折半屋根は、工場や倉庫など大型の施設でよく使われているポピュラーな屋根です。
折半屋根の特徴や種類について紹介します。

折半屋根の特徴について

折板屋根は、金属屋根の中でも断面の構造に重視しています。
意匠性をはじめ、強度、経済性があり、大型だったり、長尺だったり屋根に用いられています。
折半屋根は、野地板などの下地材が必要ない上、工期が短くなる特徴があります。
また、強風に対しても強く、雨仕舞もしっかり行えるので、信頼度も高いです。

折半屋根の種類について

折板屋根は形状や工法の違いによって、はぜ締めタイプ、重ねタイプ、嵌合タイプ、二重葺きタイプ、わん曲加工などがあるので紹介します。
まず、はぜ締めタイプの折半屋根を施工する際は、緊定器具を梁の上に配置したタイトフレームの上に装着します。
緊定器具を金属屋根材で挟んでから、電動シーマーで巻き込みます。
優れた防水性を発揮する上、屋根上だけで施工できたり、ボルトが必要なかったりする特徴があります。
重ねタイプの折半屋根は、タイトフレ-ムに装着された緊定ボルトに金属の屋根材(2枚)を重ねて配置した後に、ナットを使って装着します。
嵌合タイプの折半屋根は、固定金具を使ってタイトフレ-ムと金属屋根材(2枚)を結合してから、キャップ を継ぎ目の上から取り付けます。
二重葺きタイプの折半屋根は、断熱材を金属屋根材と金属屋根材の間に挟み込まれています。
室温の変化を抑制し、高い遮音性といった特徴があります。
わん曲加工では軒先を曲げる加工を施します。
このため、風雨の吹き込みや積雪から、軒先や外壁を守ることができます。

まとめ

折板屋根は、断面の構造に重視しており、野地板などの下地材が必要ない上、工期が短くなる特徴があります。 
折板屋根には、優れた防水性、高い遮音性があるタイプがあったり、風雨の吹き込みや積雪から軒先や外壁を守れるタイプがあったります。

折板屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181