オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の塗装で行われる高圧洗浄とは?必用な作業なの?


6de9cbdc765be16b718123aa7a4ed0ea_s
屋根の塗り替えで行われる作業の中には高圧洗浄があります。
高圧洗浄が完了するまで1日程度かかり、屋根の乾燥に1日程度かかります。
そのため、高圧洗浄が必要な作業なの?と思われているかもしれないので紹介します。

屋根の塗装で行われる高圧洗浄について

屋根の塗装で行われる高圧洗浄では、高圧洗浄機を使って屋根の表面を洗浄します。
高圧洗浄は、高圧洗浄機で高圧の水を屋根の表面に吹き付けることで、汚れをはじめ、ホコリ、カビ、コケ、藻、剥がれかけた塗膜などを除去するのが目的です。
水だけの洗浄では再びカビ、コケなどが発生してしまうことがあるので、薬剤を使うこともあります。

高圧洗浄が必要な訳や手順について

塗料は下地処理をしっかり行わないと、耐用年数が短くなってしまいます。
下地処理行う前に、高圧洗浄行うことで屋根材と塗料の密着性を高くなったり、見た目が良くなったりします。
汚れをはじめ、ホコリ、カビ、コケ、藻、剥がれかけた塗膜などを除去した後に下地処理を行う必要があるので、高圧洗浄は欠かせないです。

高圧洗浄ではまず、飛散防止シートを設置した後、バケツやタンクに業務用の高圧洗浄機を使用する水を溜めます。
屋根の塗料や素材によって水圧を変えなければならないので、知識や経験が必要です。
屋根の広さにもよりますが、半日から1日はかけて高圧洗浄を行い、洗浄後も1日かけて屋根を乾燥させます。 しっかり乾燥しないと下地処理が上手く仕上がらないので注意が必要です。 

高圧洗浄は、高所作業となるので、専門業者に依頼して下さい。

まとめ

屋根の塗装で行われる高圧洗浄では、高圧洗浄機を使って屋根の汚れをはじめ、ホコリ、カビ、コケ、藻、剥がれかけた塗膜などを洗浄します。 
高圧洗浄は屋根材と塗料の密着性を高めたり、見た目が良くしたりするので必用な作業です。
高圧洗浄後、しっかり乾燥しないと下地処理が上手く仕上がらないので注意が必要です。  

屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181