オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の塗装工事は何回まで可能なのか??


クールサーム
屋根の塗装工事とは屋根材に塗料を塗り表面を守り屋根材の経年劣化を最小限に
抑えるために行うメンテナンスです。
10年に1度のペースで行う事が多いですが製品や前回の塗料によってペースが
変わってきますので注意が必要です。
屋根のメンテナンスの中で1番オーソドックスなメンテナンスになります。
今回は屋根材によって塗装やリフォームのタイミングについてご紹介します。

スレート屋根の塗装工事

606670a26aa653ff5b5f2b7f22e6ede3
スレート屋根の塗装工事はだいたい10年に1度くらいが目安と言われていますが
屋根のリフォームは20年に1度が推奨されています。
10年経ったら塗装を行い20年経ったら葺き替え工事が推奨されているという事になります。

スレート屋根は写真で見て頂いても分かるように、とても薄い屋根材です。
屋根材は長い年月をかけて紫外線や雨や強風と戦っています。
だんだんとコロニアルの隙間から風が入り込み反ってしまったり、浮き上がってきて
しまったりという事があります。

そのような症状が起こってしまうと内部に水を侵入させ防水シートの劣化を促進
させてしまいます。そして防水シートが機能しなくなると、やがて雨漏りしてしまいます。

スレート屋根の塗装以外のメンテナンス方法

塗装ができない場合に考えられるメンテナンス方法は
カバー工法か葺き替え工事になります。

カバー工法
既存の屋根のう上にそのまま防水シートを貼り、その上にガルバリウム鋼鈑を被せていく
方法になります。既存屋根の撤去や解体工事がないので騒音や費用に関しても
低価に抑えられます。スレート屋根だからこそ出来る工法になります。

葺き替え工事
屋根の葺き替え工事はカバー工法と違い一度スレートを剥がし下地から新しくする工法です。
新しく変えるのでどのような屋根材にも変更可能です。

セメント瓦の塗装工事

roof-4125765_1920-columns1
セメント瓦の寿命は30~40年と言われているので塗装工事は10年に度と考えると
3回が限度となります。
セメント屋根はコロニアル屋根とは違って、分厚いので反ってきたり
浮いてきたりする事はありません。そのため、スレート屋根より葺き替えを
行う回数は少なくてすみます。
しかし塗装を何度でも繰り返し行っていれば良いかというと
それは大きな間違いなのです。

セメント瓦屋根の塗装以外のメンテナンス方法

セメント屋根の場合は葺き替え工事をする事をオススメします。
先ほどご紹介したカバー工法は残念ながらセメント屋根でカバー工法は行えません。

セメント瓦屋根はスレート屋根に比べてとても分厚くできている分、もちろん重量も
重たいのです。なので上から被せるカバー工法はできません。
一度剥がしてから葺き替え工事を行います。
葺き替え工事になりますので次の屋根材はどのような屋根材でも変える事ができます。

まとめ

今回は屋根の塗装工事のタイミングや塗装工事以外のメンテナンス方法について
ご紹介しました。
ぜひご参考にしてみてください。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181