オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

折半屋根の特徴、メリットやデメリットは??


屋根上確認
このような屋根見たことありませんか??駐輪場や工場、倉庫などに使用される事の多い
『折半屋根』です。こちらの屋根はお庭の物置などを作る際にもよく使用されるので
ホームセンター等でも購入できます。
今回はこの折半屋根についての特徴やメリット、デメリット
そしてメンテナンス方法など、ご紹介していきます。

まず折半屋根の折半とは金属屋根の代表的な工法になります。
折り紙などの山折り、谷折りを繰り返すように鋼鈑を台形の波型に成形して作られています。
折半屋根に使用される材料はガルバリウム鋼鈑が多いです。
カラーステンレスやフッ素鋼鈑などもありますが、強度はガルバリウム鋼板とさほど変わりません。
しかし高価なのでガルバリウム鋼板の需要の方が高いと言えます。

折半屋根のメリット

強度が高まる
折半屋根の特徴である凹凸した形状は屋根の強度を高めるというメリットがあります。
大きくて長い屋根えお作る事ができるので様々な建物に利用できます。

水はけが良い
折半屋根はとても軽量で、水はけが良いという点もメリットです。
軽量の為、建物への負担が少なくなるので耐震性を高める事ができます。

加工しやすい
折半屋根で使用されるガルバリウム鋼板は加工しやすいのがメリットです。
組み立てやすく工期も短縮できるので工事費も抑えられます。


折半屋根のデメリット

錆びる
折半屋根の最大のデメリットは錆びてしまう事です。
錆びは見た目を悪くしてしまう事はもちろんですが、放っておくと雨漏りなどの
建物の老朽化に繋がります。防錆加工などをしてサビないように工夫する事が大切です。

耐熱性が低い
折半屋根は耐熱性が低い点もデメリットになります。
金属屋根のため、暑さや寒さなどの外気の温度に大きく影響されてしまいます。
現在では耐熱効果を高めた商品もありようなのでチェックしてみてください。

折半屋根のメンテナンス方法

補修
折半屋根はボルトからの、もらい錆で屋根まで錆びてしまう事が少なくないです。
ボルトキャップを付けたり、錆止めの塗布をしたりする補修をオススメします。
屋根部分に錆や傷みが見られた時は穴が開く前に補修しましょう。
早期であれば、簡単にテープやシールなどで補修できる事もあります。

全面塗装
屋根を触った時に見られるチョーキング現象(白い粉がつく)
屋根の色褪せが見られる
屋根の表面に錆が見られる
これらの症状がみられる場合は全面塗装をオススメします。しかし屋根からの
雨漏りがない事が前提になります。

カバー工法
錆びによって穴が開いていたり、ボルトが抜けている場合などは
雨漏りしている可能性があります。雨漏りしている場合は補修をしてから
元の屋根の上から防水シートを敷き新しい折半屋根を被せるので重ね葺きとも言われます。

葺き替え
屋根全体がボロボロで葺き替えでは対応できない場合は葺き替え工事を行います。
屋根のリフォームで最も価格の高い工事となります。
屋根の劣化は放置せずに補修をきちんと行いできるだけ葺き替え工事にならないように
メンテナンスしていきましょう。

まとめ

今回は折半屋根についてご紹介しました。
どんな屋根もやはり定期的な点検とメンテナンスをしていくことでが大切なんですね。

軽い症状のうちに補修等を行う事で大掛かりな工事をしなくて済む場合もあります。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181