オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋の材質ってどんな種類があるのか??


080aaa5dab5f1395fa71146d9ed146d1_s
皆さん、雨樋ってご存じですか??写真に写っているのが雨樋です。
屋根を流れた雨水を下水や地上に導くための筒状の設備の事を雨樋と言います。
雨樋が設置されていないと雨水が直接屋根から外壁を流れていってしまうと
外壁の劣化や腐食にもつながってしまう為、雨樋は建物全体の為に
とても重要な役割を持っているのです。
雨樋のデザインとしては基本的に外観としてあまり目立たないようにします。
色はもちろん縦樋をつける場所も重要になります。
では雨樋にはどのような素材の物があり、どのような特徴を持っているのかご紹介します。

雨樋の材質種類と特徴

塩化ビニール製
雨樋の中で一番多く使用されている材質になります。
太陽光には弱く変色してしまったり劣化してしまい破損してしまうのが
デメリットですが軽量で組立も簡単、そして安価な事から一番普及されています。
最近の物は耐久性も良くなってきていますが10年前後でヒビ割れが発生する可能性があります。

合成樹脂製
見た感じはほぼ塩化ビニール製と変わりませんが紫外線による劣化を防ぐ為に
樹脂の表面に処理が施されているので塩化ビニール製の物より耐久性は高いです。
価格も合成樹脂製の方が高くなります。

ガルバニウム鋼鈑製
屋根材などでも近年、脚光を浴びているガルバニウム鋼鈑ですが
金属製の雨樋の中では比較的、安価で一番普及されています。
錆びに強く耐久性も高く加工しやすいのも特徴です。
塩化ビニール製の物よりデザイン性にも優れています。

銅製
銅は酸化すると深みのある青緑色に変色します。
もともと耐久性は高いのですが、最近では酸性雨の影響で15~20年程で
雨樋に小さな穴が開いてしまったりする事もあるようです。
価格も高額なのであまり一般家庭では使用されませんが、銅製の雨樋は
風格のある純和風なお宅にぴったりです。

アルミ製
アルミは雨水で錆びないのが最大の特徴です。
161mまで長さも調整できるのでつなぎ目もありません。
そのため、たわみや反りも発生しにくくなっています。
塩化ビニール製の物に比べると太陽光での劣化も1/3程と言われています。
しかし価格が高くあまり使用されることがなく、ほとんど取り扱いがないのがデメリットです。

ステンレス製
アルミ製と同様に錆びないのが特徴です。
内側から雨樋を繋げることでつなぎ目も目立ちにくく耐久年数も長いです。
そのためメンテナンスもあまり必要がないためビルの雨樋などで使用される事が多いです。
アルミよりは安価ですがやはり価格は高めになります。

まとめ

今回は雨樋の材質の種類や特徴についてお話ししました。
ところで、雨樋も外壁や屋根のように塗装でのメンテナンスは必要ないの?
と思われる方、いらっしゃると思いますが、雨樋に塗装するとすれば見た目を綺麗に
したい時くらいになります。元々、耐久性が高く作られているので
特に塗装の必要はありません。

その為、雨樋に不具合がある場合は塗装等のメンテナンスではなく
交換になります。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。





信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181