オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

苔が屋根を劣化させる!抑える塗料や屋根はあるの?


8ded5c79101ee043e592de297a9e692f_s
雨漏りに対しては敏感になることあっても、屋根に苔が生えても気にしない方がいます。
ただ、苔によって屋根を劣化させてしまい、寿命を縮めることになりかねないです。
ここでは
苔を抑える塗料や屋根を紹介します。

苔を抑える塗料について

屋根は新築から10年程度経過した後に、屋根材を保護したり、美観を保ったりするために、塗り替えを行うのが一般的です。
例えば、美観が損なわれる原因は、塗料の劣化です。
更に塗料が劣化が進行すると苔が生えやすくなります。
塗り替えの際に苔を抑制する塗料を塗ると効果的なので紹介します。
苔は風で飛ばれてきた苔の胞子が屋根材に付着しては生えます。
苔の胞子は、表面がざらざらしてものに付着しやすく、ツルツルしたものに付着しづらい性質があります。

屋根の塗料が劣化すると、表面がザラザラになり、苔の胞子が付着しやすくなります。
そのため、
ツヤがありツルツルに仕上る塗料を屋根材に塗る事で、苔を抑制することが可能です。
防カビ・防藻機能がある塗料が発売されているので、屋根に塗ると苔の抑制に効果的です。
また、
耐用年数が長いシリコン系塗料以上を屋根に塗る事もおすすめです。

表面がツルツルした屋根材を選ぶ

瓦の中でも釉薬瓦は、表面に釉薬を塗って焼き上げるため、表面がツルツルしています。
ツルツルした表面には苔の胞子が付着しにくいので、苔が生えづらいです。

また、ツルツルした塗料を塗ってある金属製の屋根材を選ぶことで、苔を抑制することができます。
例えば、ガンバリウム鋼板であれば、耐用年数が長く、錆にも強いのでおすすめです。

まとめ

苔を抑える塗料や屋根を紹介しました。
屋根を塗り替える際は、ツルツルした塗料や防カビ効果のある塗料を塗る事で、苔を抑制できます。
苔を抑制するためには、新築や葺き替えの際にツルツルした屋根材を選ぶことも重要です。

屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181