オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋を修理せずに放置したらどうなってしまうのか?


雨樋の役割について

雨樋は屋根に降った雨が軒から流れ落ちることなないように、1箇所にまとめて排水するために設置されている設備のことです。

雨樋が故障してしまう原因について

雨樋は配管を綱手と金具によって固定しているので、強い力がかかると破損しやすくなってしまいます。
そのため落ち葉などのゴミが雨樋に溜まってしまい、水が流れなくなってしまった場合や、流れが悪くなって水圧が高まってしまった場合、地震や台風の影響によって強い力が加わってしまった場合には雨樋が耐えきれずに壊れてしまいます。
drop-of-water-4262083_1920-columns1
雨樋が故障しているのに修理せずに放置してしまった場合どうなる?

上記でも言いましたが、雨樋は屋根に降っている雨をスムーズに排出するための設備ですので故障してしまうと雨水を排出することが出来なくなってしまいます、
そうすると破損部分から大量に雨水が漏れてしまったり、軒から雨水が流れ落ちたりします。

配管の一部から雨水が漏れてしまうと、苔やカビなどが発生してしまう可能性もあります。
最悪の場合、壁內部まで水が侵入してしまい、壁が腐ってしまう可能性もあります。

それに軒から雨水が垂れて落ちてしまうと、地面にあたった際に大きな音を出します。
もし予感に大雨が降ってしまった場合、この音がとても響いてしまいます。
このように雨樋が故障しているのにも関わらず、そのまま放置してしまうと建物に大きな被害が出てきてしまうので、出来るだけ早く修理を行う必要性があります。

まとめ

今回は雨樋を修理せずに放置したらどうなってしまうのか?ということについてお話してきました。
雨樋が故障しているのにも関わらず放置してしまうと、大量に雨水が漏れてしまったり、苔やカビが生えてしまったり、さらには騒音にもなりかねません。
なので故障している方は出来るだけ雨樋は早く修理を行うようにしましょう!

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181