オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ポリカーボネートの特徴やメリット、デメリット


上からボルト締め
ポリカーボネートは熱を加えると柔らかくなり、冷えると固まる
熱可塑性(ねつかそせい)プラスチックの仲間です。『ポリカーボ』や『ポリカ』
とも称号される板状の製品となっています。

波板やテラス屋根(平らなパネルでできた屋根)などに使用される事が多く
普段、目にする機会も多々あると思います。
耐久性の良さから屋根以外にも様々なところで使用されてます。
今回はそんなポリカーボネートについてご紹介していきます。

ポリカーボネートの特徴

ポリカーボネートの特徴ですが1番優れているのは、何といっても耐衝撃性と透明性が
高い所です。特に耐衝撃性に関してはガラスの250倍、アクリルの50倍、塩ビの10倍とも
言われています。自然災害時の飛来物によって割れたりする心配はなさそうですね。

ガラスより劣ると言われている点は対候性や耐久性ですが
実用的には十分な性能です。加工性に優れているのも魅力の1つで三次元曲面体の
加工も実現でることから建築用建材にも幅広く使用されるようになりました。

ポリカーボネートのメリット

・プラスチック素材の中で最高度の耐衝撃性がある
・耐久性や耐候性にも優れている
・穴あけや曲げ加工、切断などの加工が容易にできる
・熱伝導度が小さく紫外線をカットできる
・成型加工品の表面は美しく光沢がある

ポリカーボネートのデメリット

・耐薬品性に弱くアルカリ剤や溶剤によって劣化してしまう
・傷がつきやすく高温高湿の場所では変色、劣化する

ポリカーボネートの用途について

ポリカーボネートは私たちが普段使用する物にも多く使われています。
例えば食器や筆記用具、メガネやサングラス、カメラや双眼鏡、バイクのヘルメットや
自動車のライトカバー、ケータイ電話のボディなどと
普段の私たちの生活の中でとても身近にある物もポリカーボネートが使用されています。
類を見ない耐衝撃性が家電製品のモノづくりに活かされています。

また熱可塑性のプラスチックなので加工性に優れている事から
中空層をもつ二層一体構造になったポリカーボネートの板もあります。
色彩も様々でデザイン的な特徴から商業施設などの間仕切り壁にも使用できそうです。
中空層を持っているのでクッション性もあり、敷物などにもできます。

まとめ

今回はポリカーボネートについてご紹介してきましたが
カーポートやテラス屋根などに使用されているのは普段、いろんな所で
目にする事も多いですが、私たちのごく身近な所でもたくさん使用されていましたね。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181