オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

片流れ屋根とは?様々なメリットがある!


67a83f9622369f9a10ffa121832b50c5_s
屋根には色々な種類がありますが、片流れ屋根は個性的です。
屋根は雨風から家を守ってくれて、私達の生活を支えてくれます。
片流れ屋根の
メリット
デメリットを紹介します。

片流れ屋根とは?

片流れ屋根は、勾配をついた屋根面が1枚だけで構成されており、切妻屋根などと比較すると、シンプルな構成の屋根です。
片流れ屋根は伝統的な建築物よりは、モダンで現代的な建築物に採用されることがあり、最近人気となっています。

片流れ屋根のメリットについて

片流れ屋根には、太陽光発電システムが設置しやすい、屋根裏空間を有効的に活用できる、施工するコストを軽減できる、シンプルなデザインといったメリットがあるので紹介します。
片流れ屋根は屋根面が1枚だけで大きな面積となるので、太陽光発電システムを配置するのに重宝します。
更に南向きにして、勾配を調整すれば、
効率的に太陽光発電システムで発電できます。
片流れ屋根の真っ直ぐな屋根は、勾配を調整することで屋根裏空間を有効的に活用できます。
天井を高くすることもできるので、広々した屋根部屋を作ることも可能です。
片流れ屋根はシンプルな構造で施工するのが比較的簡単なのでコストを抑えられるメリットがあります。
また、片流れ屋根は雨どいが一か所だけ取り付ければよいので、通常の屋根に比べて費用が掛からないです。
片流れが人気にとなっている理由はシンプルなデザインだからです。
一般的な住宅には寄棟屋根や切妻屋根が採用されることが多いですが、片流れ屋根のシンプルなデザインは、
モダンで斬新なイメージを住宅に与えてくれるメリットがあります。

まとめ

片流れ屋根には、太陽光発電システムが設置しやすい、屋根裏空間を有効的に活用できる、施工するコストを軽減できる、シンプルなデザインといったメリットがあるので、これから新築しようとしている方は参考にして下さい。

片流れ屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181