オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の修理で使われるコーキング材のメリットや選び方について


95fb91653daee6969a6dafb8f68323fd_s
コーキング材にはシリコンと変性シリコンといった種類があります。
シリコンはどちらかというと、キッチンやバス、トイレなど内装周りに使われることが多く、雨漏りの修理で屋根に使われるのは変性シリコンが多いです。
ここでは変性シリコンの
メリットコーキング材の選び方について紹介します。

変性シリコンのメリットについて

変性シリコンは他のコーキング材と比べて優れた耐久性を発揮するので、耐用年数が約10~15年といわれています。
また、カラーバリエーションが豊富で、耐久性があるため塗装なしでも仕上げることができるので、屋根や壁などで使われています。
また、変性シリコンの上から塗装できるため、屋根材と一緒に塗装しても問題ありません。

コーキング材の選び方について

雨漏りで屋根を修理する際に応急処置でコーキング材を使う事がありますが、屋根材によって使い分ける必要があるので紹介します。
真夏の日光に晒された金属の屋根材は80℃を超えることもあるので、
熱に対して強いコーキング材を選ぶことが重要となっています。

日本瓦の屋根の場合は、瓦を接着している漆喰は通気性がよいため、密度が低いコーキング材を選ぶようにします。
同じ瓦でも、日本瓦とセメント瓦では異なるコーキング材を選ぶようにします。

このように屋根材の種類によってコーキング材を変えますが、ひび割れや剥がれなど損傷した屋根材の状態によってもコーキング材を使い分けます。
コーキング材が色々なメーカーから販売されていますが、大手のメーカーから発売されているコーキング材のほうが使いやすいといわれています。

まとめ

変性シリコンは優れた耐久性を発揮するので、耐用年数が約10~15年もあり、屋根材と一緒に塗装しても問題ありません。
屋根材の種類によってコーキング材を変えますが、屋根材の状態によってもコーキング材を使い分ける必要があります。

雨漏りなど屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181