オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

煙突の役目や種類について!メンテナンスは必要?


煙突の役目について

煙突の役目は煙を排気することで、そのポイントとなるのがドラフトと呼ばれる上昇気流です。
薪ストーブはファンによる強制排気はしません。
自然給排気の役割を担っているのが煙突です。

煙突の種類について

シングルタイプ
シングルタイプの煙突はステンレスを丸めただけのものとなっていて、煙突自体が高温になり煙突の周辺まで暖かくなります。
ですが断熱性にも劣るので外気の影響をとても受けやすく、ススが溜まりやすいです。

断熱二重タイプ
薪ストーブの煙突に最も適しているのが断熱二重タイプの煙突です。
読んで字のごとく煙突が二重になっていて、その間に断熱材が入っています。
ススが溜まりにくくてメンテナンス性が良いのが特徴です。

エアシールドタイプ
断熱二重タイプと同じ二重構造となっていますが、断熱材は入っておらず、空気層になっています。




house-3531629_1920-columns1
煙突の適切な設置場所について

煙突の適切な設置場所としては薪ストーブから真っ直ぐに伸ばして、屋根抜きにすることです。
煙突部材が少ないので費用を抑えることが可能となっていて、熱効率やメンテナンス性などのあらゆる面で優れています。

煙突のメンテナンスについて

薪ストーブに関しては定期的なメンテナンスが必要になっています。
ストーブ本体だけではなく、煙突のススやタールなどを定期的に清掃することで煙突による火災を防ぐことが出来ます。
ですが高所での作業になるので充分に注意が必要になってきます。
プロに頼るのも視野に入れておきましょう。

まとめ

今回は煙突の役目や種類・設置場所やメンテナンスについてお話してきました。
煙突には3つの種類のものが存在しており、シングルタイプ・断熱二重タイプ・エアシールドタイプと分かれています。
自分の家をどのようにしたいかによって、しっかりと選ぶようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181