オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金はどの部分??どのような役割があるのか?


ガルバリウム鋼板でカバー完了
棟版金とは頂上部分の屋根と屋根を止めている金属の事を言います。
屋根と屋根の接合部分からの雨水の侵入を防ぎ、屋根材を固定しています。
棟板金は家を雨から守るためには必要不可欠な存在です。

棟板金は長い期間、雨風に晒されることで劣化していきます。
劣化して傷んでしまうと雨漏りが起き屋根材が腐食してしまいます。
劣化した棟板金はすぐにでも交換しましょう。

棟板金の役割

屋根のてっぺんに被せる山形の板の事を『棟』と言います。
スレート屋根や金属屋根に使用される棟は金属製なので『棟板金』と呼ばれています。
屋根は棟があることによって屋根材の下に雨水が入り込まないようになっています。

棟は屋根の中でも一番てっぺんにある関係上、雨や強風などの影響を強く受けてしまいます。
ですので屋根の中でも最も壊れやすい部分なのです。

棟板金の劣化症状

棟板金の寿命は約15年から25年と言われています。
そのため15年以上使用している屋根の棟板金は劣化が始まっています。
その他にも台風や自然災害によって寿命が思っていたより短くなったりもします。

棟板金は釘で固定されてますが時間経過や雨風によって釘が浮いてしまうことがあります。
劣化の初期症状です。さらに劣化が進んでしまうと棟板金自体が浮いてきてしまい
風が吹くとバタバタと音がするようになります。
このように棟板金の劣化は段階を踏みながら進んでいきます。

棟板金の劣化が進んでしまうと屋根材の下に雨が浸み込んで雨漏りの原因にもなります。
最悪の場合は棟板金ごと下に落下してしまいもし落下した先に人が居たら大けがに繋がります。
棟板金の劣化がある場合は放置せずに早めにメンテナンスしましょう。

まとめ

20年以上前の棟板金は下地に木材を利用していたので鉄製の釘で固定します。
そのため下地が腐食しやすいので釘も抜けてしまうなど劣化が激しかったようです。
現在は技術が進み腐りにくい下地や抜けにくい釘など保持力の強い固定具が開発されています。
もし古いお宅に住まれていて棟板金の劣化が見られるようでしたら交換をオススメします。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181