オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

粘着層付きルーフィングと不織布ルーフィングの魅力について徹底解析!


アンダーガムロン
引用:田島ルーフ株式会社
粘着層付きルーフィングとは?

ルーフィングの裏面が粘着シートになっている防水シートのことです。
タッカー等の器具などを使わなくても屋根下地に直接貼り付けることが出来るようになっているので、カバー工法で良く用いられます。
1度貼り付けても綺麗に剥がすことが出来る製品も中には存在しているので、とても便利です。

不織布ルーフィングとは?

比較的に安い防水シートは紙がベースになっているものが多く存在するのですが、すべて布で造られているという高級なものが不織布ルーフィングです。
紙と比べると破れにくいという特徴を持っています。

粘着層付きルーフィングのメリット・デメリットについて

粘着層付きルーフィングのメリット

・防水性にとても優れている
・傷んでいる屋根材の上に重ねることが出来る
・施工性が良い

粘着層付きルーフィングのデメリット

・費用が高い
・湿気を逃がしにくくなっている

不織布ルーフィングのメリットについて

・破れにくくて丈夫
・柔軟性の高さ

不織布ルーフィングのデメリットについて

・費用が紙ベースのものよりも高い


粘着層付きルーフィングの耐用年数に関しては約30年とも言われており、カバー工法を行う際には管理にとても厳重な注意が必要です。
不織布ルーフィングに関しては耐用年数が約30年となっていて、近年は不織布ルーフィングで施工を行う方が増えています。

まとめ

今回は粘着層付きルーフィングと不織布ルーフィングの魅力について徹底解析してきました。
粘着層付きルーフィングは防水性にとても優れていて、施工性がとても良いです。
不織布ルーフィングに関しては全て布で造られている高級品なので、とても丈夫で破れにくいという魅力があります。
耐用年数も両方約30年とルーフィングの中でも長い方です。
メリット・デメリットをしっかり理解した上で選ぶようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181