オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根断熱と天井断熱の違いは??メリット・デメリット


attic-1772705_640
建物の断熱方法の中に『屋根断熱』と『天井断熱』があります。
まずはそれぞれの違いですが
屋根断熱....屋根で断熱する方法となります。
天井断熱....天井の板で断熱する方法となります。

今回は天井断熱と比較した場合の屋根断熱のメリット、デメリットについて
ご紹介します。ご自分の家はどちらが向いているかなどの参考にしてみてください。

屋根断熱のメリット

・暑さ対策に強い
屋根断熱は、断熱材の外側に通気層を設けて熱を建物外部へ逃がします。
その為、夏場は室内温度を調整しやすくなります。

・屋根裏の空間を断熱できる
屋根材に断熱材を仕込む屋根断熱は屋根裏の空間も断熱できます。
天井に断熱材を仕込む天井断熱は屋根裏空間までは断熱できません。

・屋根裏の空間を有効利用できる
屋根断熱は屋根裏の空間を有効利用することができます。
収納スペースにしたりロフトを設けて開放的なデザインにする事ができます。

屋根断熱のデメリット

・施工費が高い
屋根断熱より天井断熱の方が面積が広いです。
そのために使用する断熱材が多いので施工費用が増えます。

・施工に手間がかかる
屋根断熱は『充填断熱』と『外張り断熱』があります。
どちらも通気層を確保しないといけないので複雑な構造の通気層を作る手間がかかります。

・冷暖房範囲が広くなるので電気代が高くなる
屋根裏の空間まで部屋として扱うので屋根断熱は電気代が天井断熱より高くなります。


屋根裏を有効活用したい方や屋根裏をデットスペースにしたくない方などには
屋根断熱をオススメします。




まとめ

今回は屋根断熱と天井断熱について比較してみました。
きちんとメリット、デメリットを把握した上で、ご自宅はどちらが
向いているのか見極めてくださいね。
把握しないまま工事を行う事で屋根裏が暑くなってしまうなどのといった失敗につながります。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181