オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

梅雨入り前に屋根の点検やメンテナンスしたほうが良い理由について


3b1a694b43fbf2501f50cdf534fdf15c_s-1
日本には北海道を除いて殆どの地域で梅雨があり、屋根にとってはつらい時期となります。
梅雨入り前に
屋根の点検やメンテナンスしたほうがよい理由は紹介します。

雨天では点検やメンテナンスが行えないこともある!

雨天では、室内から雨漏りの発生については確認することはできます。
ただ、専門業者であっても、強い雨の中、屋根に上り点検をすることはまずありません。
更に、雨の中、屋根のメンテナンスを強行しても、野地板などが濡れたままルーフィングを貼る事で湿気を閉じ込めてしまい、
屋根の寿命を縮めることになります。
雨の中でメンテナンスを行うと、作業者に対して大きな危険が伴うので基本的に行いません。
梅雨の時期は何日も雨の日が続くことは珍しくはないので、早めに点検やメンテナスを業者に依頼したほうがいいでしょう。

専門の業者が忙しく点検やメンテナンスが行えないことがある!

梅雨の時期に入ると、雨漏りの問い合わせがとても多くなります。
雨の日が続くと、どうしても雨漏りが発生しやすくなり、仕方がないとは思います。
   
雨漏りの点検やメンテナンスに時間がかかる場合があり、
専門の業者であっても梅雨の時期に入ると人手不足になりやすいです。
 快適だったはずの家が雨漏りの発生で生活は激変し、大きな不安がつきまとうようになります。

 更に、メンテナスで順番待ちといった時間が長くなり、更に不安が増大します。
雨漏りをそのままにしておくと、屋根の傷みが進行することがあるので、梅雨の時期に入る前に、点検やメンテナンスを終えるようにしましょう。

まとめ

梅雨の時期は、雨漏りが発生しやすいのは仕方がないですが、強い雨の中、点検やメンテナンスは基本的に行いません。
専門の業者であっても梅雨の時期に入ると人手不足になりやすく、
点検やメンテナンスを依頼しても順番待ちになることが多いです。
このようなことから、梅雨入り前に屋根の点検やメンテナンスしたほうがよいです。

屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181