オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

金属屋根の色と遮熱効果の関係について


house-3362676_640
新築やリフォームの際に屋根はどんな色にしたらよいか迷うことはあります。
大金をかけて家を建設したり、リフォームしたりするので、市町村の景観計画などに抵触しない限り、ご自分が気に入った屋根の色を選ぶのが基本です。
ただ、
屋根の色と遮熱効果は密接な関係があるので、参考にして頂ければ幸いです。

屋根の色によって遮熱効果が変わる!

一般的に日射反射率が高い色は、日光の熱を反射します。
日光の熱を反射し、屋根に吸収しないようにできれば、室温が上昇しづらくなります。
日射反射率が高い色から順に並べるとブルー、グリーン、ブラウン、チャコール、ブラックとなります。
このようなことから一般的な塗料の場合、明るい色を選択すれば日射反射率が高いです。

成型ガルバリウム鋼板屋根の色について

成型ガルバリウム鋼板には遮熱塗装が施されている上、断熱材が裏打ちされています。
屋根の色に比べ、遮熱塗装や断熱材のほうが遮熱効果への影響が大きいです。
このため、遮熱効果を得るために屋根の色を選ぶ必要は殆どありません。

トタン屋根の色について

多くのトタン屋根は成型ガルバリウム鋼板のように遮熱塗装が施されたり、断熱材が裏打ちされたりしていないので、遮熱効果を得るために屋根の色は重要になります。
できれば、
ブルーやグリーンといった遮熱効果が高い色を選ぶことで、室温が高くなることを抑えられます。
一方、面積が広い屋根は、サンプルやカタログなどに比べて、明るく鮮やかに見えることが多いので、色を選ぶ際に参考にして下さい。

まとめ

屋根の色と遮熱効果は密接な関係があることを紹介しました。
一般的な塗料は
明るい色を選ぶことで、日射反射率が高くなるのでトタン屋根の場合は参考にして下さい。
一方、成型ガルバリウム鋼板は遮熱塗装が施されたり、断熱材が裏打ちされたりするので、遮熱効果を得るために屋根の色を選ぶ必要は殆どありません。

金属屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181