オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根断熱と天井断熱とは?断熱性能が高い屋根材はある!


03c39765ccd147540f86b51e4e6b75a1_s
屋根は雨や雪、日光に晒されて熱くなったり、冷たくなったります。
屋根が受けた熱が家に伝わってしまうことで、室内の冷暖房に影響し光熱費が上がってしまうことがあります。
屋根断熱と天井断熱を行うことで光熱費を下げられるので紹介します。

屋根断熱とは?どんな方法なの?

通常、屋根は、垂木の上に野地板を装着してルーフィングを貼って屋根材を取り付けます。
一般的に屋根断熱は野地板の裏に断熱材を配置します。 
断熱材から室内までの距離が長いため、天井断熱と比較してより高い断熱効果が期待できます。
  
ただ、結露を抑えるために野地板と断熱材の間に通気層を作らなければなりません。
通気層がないと結露によって野地板が傷んでしまい、屋根の寿命が短くなってしまいます。

天井断熱とは?

屋根断熱は天井に断熱材を敷き詰めるだけなので、簡単な施工で完了し低コストです。
ただ、断熱材に熱気がたまりやすく、室内が蒸し暑くなるデメリットがあります。

断熱性能が高い屋根材とは?

断熱効果が高い屋根材は、和瓦や軽量FRP瓦といわれています。
和瓦や軽量FRP瓦
は熱伝導率が低い上、空気の層によって断熱します。
和瓦や軽量FRP瓦には及びませんが、断熱材が使われているガルバリウム鋼板も、優れた断熱効果を発揮します。
  
スレートに関しては熱伝導率が低いのですが、スレート自体がとても薄いことや施工した後に空気の層がないため、和瓦や軽量FRP瓦ほど、断熱効果が期待できません。
カラー鉄板のみの屋根材場合、断熱効果は殆ど期待できせん。

まとめ

断熱は紹介した内容のどれかをやればよいということではなく、断熱性能が高い屋根材を選び、屋根断熱と天井断熱の両方を行うことで、最大限に効果を発揮します。
屋根のリフォームを予定している方は、
断熱を意識することで光熱費を抑えることができるので検討して下さい。

屋根の断熱に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181