オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の葺き替え工事と補修工事で迷ってしまったら??


皆さんのご自宅の屋根が傷んできていて、そろそろメンテナンスの時期だなと
思っていても実際に屋根のメンテナンスには葺き替え工事と補修工事があります。
どちらのメンテナンスが現在の屋根に適しているか悩んでしまう方も少なくないと思います。

そんな方へそれぞれのメンテナンスのポイントについてお話しします。
そろそろメンテナンス時期だなとお考えの方はご参考にしてください。
張り完成
まずは葺き替え工事の方が良い場合についてお話しします。
経年劣化により屋根が傷んでいる場合などは葺き替え工事をオススメします。

よくあるパターンでは経年劣化によって屋根材だけでなく下地の防水シートも傷んでいて
本来の機能を発揮できず、中に水が入り込んで雨漏りを起こしている事です。

このような場合に部分的な補修で済ませてしまうと防水シートは部分的に治ったとしても
他の部分は劣化したままです。そのため、しばらく経ってからまた別の部分からの
雨漏りが発生してしまい、何度も繰り返してしまうと最終的に葺き替えた方が
コストもかからなかった。なんて事もあります。

そのため、経年劣化による下地(防水シート等)の傷みがある場合は
補修工事ではなく葺き替え工事を絶対的にオススメします。
飛散箇所確認
次に補修工事をオススメする場合ですが、写真のような一部の破損や割れ
棟板金が飛ばされてしまった、釘の浮きが見られたり、中の防水シートは傷んでないが
屋根材にクラックが入っているなどの時は部分補修がオススメです。

部分補修を行うにあたって最も重要なことは
中の下地(防水シート)が傷んでいないという事です。

屋根材が割れてしまうと中に水が入り込んでしまいますが屋根材の下にある防水シートが
受け止めた水を下に流してくれます。
中が傷んでいないので中に水の侵入を防ぐために補修工事を行いましょう。

ここで注意すべき点は防水シートが機能しているからといって
屋根材の補修をせずに、そにまま放置するのはやめましょう。
屋根材の割れ等がある状態で放置すると、内部に湿気が溜まってしまい
内部の劣化がどんどん進んでしまいます。

まとめ

今回はどのような場合は葺き替え工事が良くて、どんな時に補修工事を行うかの
お話しをさせて頂きました。
両方に共通して言えることは、分かっていながらそのまま放置するのは
絶対にやめましょう。どのような場合であっても傷んでいる事がわっかたら
まず、業者を呼び点検してもらって正しいメンテナンスを行ってください。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181