オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

陶器瓦と耐震住宅の関係性について!ハイブリッド瓦「ROOGA」とは?


陶器瓦と耐震住宅の関係性について

陶器瓦は地震に弱いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
近年地震がとても頻繁に起こっている中、地震に弱いというのは致命的といっても過言ではありません。
確かに陶器瓦は他の屋根材と比べてみても重量はありますので、陶器瓦を使った屋根は住宅の屋根部分が重くなってしまうので重心が高くなり、軽量な屋根材と比べると耐震性には劣ってしまうと言われていました。

ですが近年の住宅では陶器瓦を屋根材として用いたとしても、耐震性に問題はありません。
住宅を設計する段階で陶器瓦の重量を計算した上で、耐震性能を確保しているので問題ないです!
それに陶器瓦は耐久性にとても優れているので、日本の屋根には瓦がもってこいです。


roof-4125765_1920-columns1
ハイブリッド瓦「ROOGA」とは?

陶器瓦には非常に高い耐久性が備わっており、屋根材として有力なものであることは上記でお分かり頂けたと思います。
ですが唯一ネックな点が重量です。
新築であれば耐震性に問題が無いとしても、重量を懸念材料と見なして避けられてしまう方も多いです。

特に築年数が経過している住宅に住んでいる方で瓦の家に住んでみたいと考えている方は、耐震性の問題で陶器瓦は使用出来ないという場合があります。
そのような方におすすめなのがハイブリッド瓦「ROOGA」です。
ハイブリッド瓦「ROOGA」は普通の陶器瓦と比べても重量は半分となっており、耐久性も高いので築年数が立ってしまっている住宅に住んでいる方でも使うことが出来ます。

まとめ

今回は陶器瓦と耐震住宅の関係性、ハイブリッド瓦「ROOGA」についてお話してきました。
ハイブリッド瓦「ROOGA」は普通の陶器瓦と比べても重量は半分となっており、耐久性も高いので築年数が経ってしまっている住宅に住んでいる方でもハイブリッド瓦「ROOGA」であれば使用することが出来る可能性があるので頭に入れておいてください。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181