オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天窓に使用されるガラスの種類や特徴について!!


f9f2f3a8cdefd9e58ea9dd065e79a9f2
皆さんご存じの天窓ですが、どのようなガラスが使用されているか知っていますか??
天窓は屋根に付いているので、お部屋の窓とは少し違い紫外線や雨風、粉じんや飛来物などからの
ダメージを受けやすく、そのため通常の窓に使用するガラスよりも丈夫で割れにくく
汚れづらい物を使用しています。
使用されているガラスの種類には、強化ガラスや網入ガラス、複層ガラス、合わせガラスの
4種類があります。今回はそれぞれのガラスの特徴等をご紹介していきます。

強化ガラス

通常のガラスの3~5倍の強度があるとされている強化ガラスです。
一番の特徴としては通常のガラスだと割れてしまった時に破片が鋭利なので
手を切ってしまう事があります。
しかし強化ガラスは割れてしまった際に砂利の粒のように粉々に
砕けるので手などを切ってしまったりケガをする事がほとんどないです。
そのような特徴から子供が使用する家具や飲食店などにも使用される事が多く
安心して使用できるガラスとされています。

網入ガラス

網入ガラスは透明のガラスの中に網目状のワイヤーが入れられたガラスです。
火災などで過熱された際にガラスが割れて飛び散るのを防いだり、目隠しの為の効果もあります。
しかし防火ガラスは防火設備用のガラスの為、強化ガラスにする事はできません。
近隣に火気のある工場があったり隣の家との距離が近い場所に天窓があったり
外部からの火が入ってきやすい環境の天窓に使用されています。

複層ガラス

複層ガラスは2枚以上のガラスを重ねてその中間部分に乾燥させた空気やガスを
封入したものです。断熱材と同じ原理で作られているため
夏は太陽からの熱を遮断して家の中を涼しく保ち、逆に冬は家の中に冷気が
入らないようにしてくれます。
夏と冬の寒暖が厳しい地域などの天窓に適しています。

合わせガラス

合わせガラスは2枚以上のガラスを強じんな樹脂膜で張り合わせたガラスで
普通のガラスと比べて強度が高く割れた特に破片が飛び散りにくいので安全性が
高いという特徴があります。
メーカーによっては合わせガラスの間に自分の好きな色やデザインを合わせガラスの
間に挟んでオリジナルのガラスを作る事ができます。
安全性だけでなくデザイン性も自由にできるため自分の好みで
自分だけの合わせガラスを作ることもできます。

まとめ

今回は天窓に使用されるガラスの種類や特徴などについてお話ししました。
お部屋の窓などとは違うガラスが使われていたんですね。
天窓がご自宅にあり、新しく付け替える際などにご参考にしてみてください。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181