オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

防水シートの重要性とは??傷んでしまうとどのような危険がある??


張り完成
防水シートとはどんな場所に使用されていて、どのような役目があるのか
分からない方もいらっしゃると思うのでご紹介していこうと思います。
普段、目にする事のない防水シートですが実はとても重要で縁の下の力持ちです!!
皆さんのお家の色々な場所を雨水などから守ってくれてます。
今回はそんな防水シートについてお話しさせて頂きます。
知っておくときっとお役に立つ時が来ると思うのでぜひご覧ください。

防水シートとは??

防水シートとは一言でいうと屋根の防水をしてくれる物です。
屋根がしっかりと施工されていても防水シートがない場合は
雨が屋根材の隙間から侵入してきてしまいます。
防水シートはそんな雨水等の侵入を防いでくれるのです。

もしも防水シートがなく雨水等が侵入してしまった場合、野地板や天井に
雨水が浸み込み腐食していき雨漏りへと繋がるのです。
防水シートは雨から家を守ってくれる大切な材料の1つになります。

防水シートの劣化による危険とは??

防水シートが劣化するとどんな事が起きるでしょうか??

家の躯体部分の腐食
カビ発生の原因
家の強度低下

などがあげられます。
防水シートは見えない部分にあるので見た目では傷んでいるのか
どうかは分かりづらいかもしれません。
もし、劣化していたら家の腐食に繋がってしまうので早めに対処しましょう。

外からの見た目では分かりにくい場所なので定期的なメンテナンスの際に
しっかりとみてもらいましょう。

その他、防水シートの使われている場所

防水シートは屋根以外にもベランダや壁にも使用されています。
ベランダの防水シートが劣化してしまうとひび割れや剥がれ、ふくれなどが起こります。
屋根と違ってご自分で確認可能な場所なので、気づきやすいかもしれません。
ベランダの傷みも放置してしまうと植物や藻の繁殖に繋がります。

壁の場合は壁と壁を繋げているコーキングの割れや壁のひび割れなどから
雨が侵入したり壁の中で結露することによって劣化が起こってしまいます。

・土台や壁を腐らせてしまう
・シロアリを呼び寄せてしまう
・断熱性を低下させる

などと家全体の劣化につながってしまうので注意しましょう。
外壁に関しては外壁塗装のメンテナンスで劣化を防ぐ事ができます。

まとめ

今回は、防水シートについてお話ししました。
普段目にする事がないので知らなかった方もいるかと思いますが
とても大切な部分なんですね。
ベランダや壁は普段から気にしておくと、劣化に気づきやすいので
気づいた時には早めに対処しましょう。
屋根はご自分で確認するのは危険なので、業者にお願いして点検してもらいましょう。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181