オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

折板屋根とは?塗装のメンテナンス方法について


折板屋根とは?

折板屋根とは断面の構造に重点を置いて造られている屋根材で、大型・長尺屋根に調和する強度を備えている金属屋根の代表的な屋根工法です
野地板などの下地材が必要なく、工期が短いのが特徴です。
それに強風地帯でも強靭性を発揮してくれるので、雨仕舞にも高い性能が期待できるのも魅力の1つです。

折板屋根の種類について

・はぜ締めタイプ
・重ねタイプ
・二重葺きタイプ
・わん曲加工
・篏合タイプ
の5種類が存在しています。
roof-coating-2846324_1280-1-columns1
折板屋根の劣化について、メンテナンスは本当に必要かどうか?

折板屋根は工場や倉庫などを主にして、築年数が30年を超えるものも多く存在します。
重ねタイプの折板屋根ではボルトキャップがない場合、ボルト錆が良く見られます。
それにはぜ締めタイプの折板屋根でも15年程度で錆などの劣化症状が見られることがあります。

折板屋根を使用している工場や倉庫に関しては、築年数の古い、もう既に改修時期に来ているものが多いと思うので、築年数が15年を超えている場合であれば、メンテナンスを行うようにしましょう。

折板屋根のメンテナンス方法について

塗装によるメンテナンス方法
屋根からの漏れ水などがなく、チョーキングや塗膜の膨れなどによる劣化の場合は、塗装によるメンテナンスが行われます。

カバー工法によるメンテナンス
屋根材に漏れ水などがある場合は、塗装によるメンテナンス方法ではなく、カバー工法によるメンテナンス方法が用いられます。

まとめ

今回は折板屋根、そして塗装のメンテナンス方法についてお話してきました。
普段聞き慣れない折板屋根は工場や倉庫などで用いられることが多いです。
そんな折板屋根とは断面の構造に重点を置いて造られている屋根材であり、築15年を超えたらメンテナンスを行うことをオススメしています。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181