オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根裏換気とは?必用性や種類について


attic-112266_640
真夏の日中は、屋根裏の最上部は60度以上になるといわれています。
そのため、住宅は屋根裏換気を設けていることが多いので必用性種類について紹介します。

屋根裏換気の必要性について

猛暑の夏では、屋根などに断熱材を設置してあっても、木材は乾燥してしまい、耐久性が下がってしまいます。
一方、暖房で暖められた湿気を含んだ空気が寒い屋根裏に上昇し冷やされ水滴となり、木材などに付着することで、腐食するようになります。

屋根裏を部屋として利用する場合は、快適さが重要となっているので湿度の管理が必要です。
高湿度によって発生したカビが屋根裏に漂うと喘息など健康被害が発生する可能性があるので十分注意する必要があります。

一方、屋根裏を収納スペースとして使う場合は、高湿度によって衣類が湿気が変色したり、発生した害虫によって傷んでしまったりすることがあます。
お気に入りの衣類が屋根裏に収納したことで、傷んでしまうといった結果になると残念です。
紹介したように屋根裏の湿度管理ができないと、人や住宅衣類などに被害を与えるので屋根裏換気が必要です。

屋根裏換気の種類について

屋根裏換気はリフォームなどで取り付けることが可能。
屋根裏換気には色々な種類があるので紹介します。

ガラリ型の自然換気は、三角の上部(切妻屋根)に装着することができ、手動で開閉して換気します。
強制換気型は、空気の入れ替えができる電動ファンを取り付けて換気。
開閉型の天窓方式は、屋根面の勾配している部分に装着して換気します。
棟に
換気口を設置して換気する方法もあります。

まとめ

屋根裏換気の必用性や種類について紹介しました。
屋根裏の湿度管理ができないと、
人や住宅衣類などに被害を与えるあるので屋根裏換気が必要です。
小屋裏換気にはガラリ型の自然換気
強制換気型開閉型の天窓方式換気口があり、リフォームなどで装着できる場合があります。

屋根裏換気に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181