雨漏りしてから修理を行うのでは遅すぎる!屋根のリフォームのタイミングについて


家を構成する部位の中でも屋根は最もダメージを受けやすいですが、その代わりに1番家を守ってくれています。
しかし日頃から屋根のことについて気を配っているという方は、ほとんどいないのではないでしょうか?

それに家を建ててからもう何年・何十年という月日が経っているのにも関わらず、まだ1度もメンテナンスやリフォームを行ったことが無いという家庭も多いと思います。
そういった家はとても危険です。
おそらくそういった家庭の方は、雨漏りなどの目立った被害が未だにみられないからまだメンテナンスやリフォームは必要ない考えているのでしょう。

ですがその考えのまま家を放置しておくと、家の寿命を自らの手で大きく縮めてしまっていることになります。

ですのでメンテナンス・リフォームを行う際のベストタイミングについてお話していきます。
roofers-2891664_1920-columns1
メンテナンス・リフォームを行う際のベストタイミングについて

部分交換・補修工事を行う場合は数年おきに1度点検を行うようにし、屋根が傷んでいたり錆やカビが見られるようになったらダメージのある部分からのみで交換や補修を行うのがベストです。

塗装工事に関しては人工スレートや金属屋根の耐久性を維持するために定期的に行うべきメンテナンス方法で、10年が大体の目安となってきます。
屋根の色あせが目立ってきたり、撥水性が落ちてきたなと感じた際に講師を行うのがベストなタイミングであると言えます。
ですが工事を行う条件として、屋根の破損が少なくて、下地が劣化していないことが絶対となっているのでこちらも把握しておきましょう。

まとめ

今回は屋根のリフォームのタイミングについてお話してきました。
部分交換や補修工事に関しては数年おきに1度点検を行うように心がけ、塗装工事に関しては10年がメンテナンスを行う際の大きな目安となってきます。

屋根のリフォームのタイミングについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181