オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根工事の際に知っておきたいルーフィングの特徴とは!?重要性について


皆さんはルーフィングという言葉を知っていますでしょうか?
ルーフィングとは家の屋根材の下に用いられる防水シートのことで、自分の目では確認できない物となっていますが、ルーフィングは屋根の防水に重要な役割を果たしています。
ここでは屋根工事におけるルーフィングの重要性についてお話していきたいと思います。



scaffold-1207389_1920-1-columns1
屋根材の下に敷くルーフィングとは?重要性について

ルーフィングとは屋根と屋根材の間に敷く防水シートのことで屋根を構成する非常に重要な部分の一つです。
もし仮にルーフィング無かったとしたら屋根材の間を通った雨水がそのまま建物内部の天井まで到達してしまいます。
小雨程度なら屋根材だけでも雨水の侵入を防ぐことが出来るかもしれませんが、雨量が多くなってくると屋根材の下まで雨水が侵入してしまい、雨漏りを引き起こす可能性がとても高くなってしまいます。

なのでルーフィングは薄い紙のような物ではありますが、高い防水性を誇っているので必要になってきます。

ルーフィングの種類と特徴について

アスファルトルーフィング
アスファルトルーフィングは一般住宅によく使用されているルーフィング材です。
道路を作るのに使われているアスファルトを板紙に染み込ませて作られており、安価で施工できるという点で多くの方に愛用されています。

ストレッチルーフィング
ストレッチルーフィングは破れにくい耐久性高さが特徴のルーフィング材となっています。
アスファルトルーフィングよりも費用は高くかかりますが、耐久性が高くて下地とも馴染みやすいというメリットがあります。

今回は屋根工事の際に知っておきたいルーフィングの特徴・ルーフィングの重要性についてお話してきました。
ルーフィングは薄い紙のような物ではありますが、高い防水性を誇っているので必要になことがお分かり頂けたと思います。

ルーフィングについて、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

まとめ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181