オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根に天窓を付けるメリットについて紹介!


まず天窓とは何かというと天井の高い部分や屋根に設置する窓のことを言います。
屋根の一部を窓にするケースが一般的ですが、最近はリビングを吹き抜けにして、天窓を設置することによって自然光を取り入れるというケースも増加しています。

そんな天窓を設置するメリットについて詳しく解説していきます。
curacao-1467577_1920-columns1
天窓を付けるメリットについて

換気性能が高い
より高いところに天窓などを設置することによって、壁面だけに窓がある場合と比較しても約4倍も換気性能を高めることが出来ます。
温かい空気は上昇するので天窓を開ければ簡単に熱を外に逃がし、換気を行うことが出来ます。

自然光を部屋に取り入れることが出来る
天窓を屋根に設置することによって、自然光が多く室内に入ってくるようになります。
証明の明かりではなく、太陽の光を取り入れることが出来るので、天気が良い時は電気を付けなくても十分なくらいに部屋を明るくすることが出来ます。

防犯力が高まる
壁面に設置している窓は不審者や空き巣に狙われるリスクが高くなりますが、天窓ならその危険性が0に近くなります。
壁面に設置する窓を少なくして、天窓を多めに設置することによって防犯面で効果的です。
それに天窓は隣接した家や通りかかった人に覗かれる心配もないので、プライバシーを守ることが出来るというのもメリットと言えます。

見た目がお洒落になる
天窓によってデザイン性がアップし、個性的な空間を演出することが出来るのでお洒落にしたいという方にはオススメです。

まとめ

今回は屋根に天窓を付けるメリットについて紹介してきました。
天窓を付けるだけで防犯効果が期待できる上に、換気性能までアップします。
それに自然光を取り入れることが出来るので、電気を付けずに済むため省エネにも繋がります!

天窓について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181