オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

棟板金の釘が抜け出す理由は?放置することは厳禁!


3ba7bb8712f6281988f48165aa333a58_s
屋根の棟(頂点)に被せてある棟板金は釘を使って固定されています。7~8年経過すると徐々に棟板金の釘が抜けだすことで、屋根の劣化が早まるので紹介します。

棟板金とは?どんな役割があるの?

スレート屋根や金属屋根の棟(頂点)には、屋根材をおさえる貫板の上に棟板金が被せてあります。軽くサビに対して強いガルバリウム鋼板を使った棟板金が多く、雨水が侵入することを防ぐ重要な役割があります。
金属でできた棟板金は日光が当たる日中は熱くなり膨張し、夜は日光が当たらなくなり冷たくなるので収縮棟板金を固定する釘は、膨張と収縮を繰り返す棟板金によって7~8年かけて少しずつ抜け出します。特に日当たりが良い住宅の屋根は、釘の抜け出しが早いといわれ、注意が必要となっています。

屋根の劣化について

棟板金を固定する釘が抜け出すと、屋根が劣化するので紹介します。
棟板金を固定する釘が7~8年かけて少しずつ抜け出すと、露出した釘にかかった雨水が棟板金の内部に侵入し、貫板を腐食させてしまいます。腐食した貫板は交換することになります。
釘が抜け出した棟板金は、強風によって煽られやすくなり、変形してしまうことがあります。最悪、棟板金が屋根から外れてしまい地面に落下します。棟板金が無くなると、雨漏りの原因になります。

屋根の点検と修繕について

棟板金を固定する釘の抜け出しを定期的な点検で見つけ出し、修繕する必要があります。抜け出した釘は、再度打ち込み、コーキング剤を塗ります。定期点検や修繕は専門業者に任せたほうがいいでしょう。

まとめ

棟板金の釘が抜ける理由や修繕などを紹介しました。
棟板金が膨張や収縮を繰り返すことで、釘が7~8年かけて少しずつ抜け出します。

釘が抜け出すことにより、雨水が侵入して貫板を腐食させたり、棟板金が変形したりすることがあります。

抜け出した釘は再度打ち込み、コーキング剤を塗って修繕。屋根に困りごとがある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181