オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

錆止め塗料を塗る方法とは?手順や注意点を紹介!


paint-4191398_640
錆止め塗料は金属屋根などに発生する錆びを防止するための塗料です。屋根に錆止め塗料を塗る際には手順注意点があるので紹介します。

錆止め塗料を塗る際の手順について

屋根に錆止め塗料を塗る手順は下地調整マスキング錆止め塗料を塗るとなっているので紹介します。
下地調整では、まず高圧洗浄を行い、屋根に付着したゴミや汚れを落とします。次に、ケレン作業で剥がれかけた塗料や錆をワイヤーブラシやサンドペーパーなどを使ってしっかり除去します。塗料の密着を良くするためにもケレン作業はしっかり行います。
塗料を塗らない部分は、養生シートなどを使用してマスキングします。とても薄い養生シートはハサミやカッターでマスキングする長さだけカットして使います。養生シートは養生テープを使って塗料を塗らない部分に貼り付けます。養生テープは剥がしやすい上、糊が残りづらい特徴あるので使いやすいです。マスキングは塗装同様に重要な作業です。
錆止め塗料を刷毛やローラーを使って屋根に塗ります。刷毛やローラーのサイズは塗る部位の面積に応じて選びます。

錆止め塗料を塗る時の注意点

錆止め塗料を塗る手順の中で、下地調整はとても重要な作業です。下地調整をしっかり行わないと、錆止め塗料はすぐに剥がれてしまいます。特にケレン作業で屋根に細かい傷をつけることで、錆止め塗料をしっかり密着させるようにします。ケレン作業は大変なので時間がかかりますが、ケレン作業をしっかり行う業者は信頼できます。

まとめ

屋根に錆止め塗料を塗る手順は下地調整マスキング錆止め塗料を塗るとなっています。下地調整では高圧洗浄やケレン作業を行い、屋根のゴミや汚れ、錆び、剥がれかけた塗料を除去します。マスキングでは、塗料を塗らない部分を養生シートや養生テープを使い保護します。錆止め塗料を刷毛やローラーを使って屋根に塗ります屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181