オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

金属屋根について徹底解説!魅力は何?


金属系はごく薄い金属板を様々な形状に加工して屋根を葺きます。
金属系の屋根材は軽量で建物の構造的に負担が小さいこと、運搬しやすくて施工がしやすいことなどがメリットとして挙げられます。

ですが金属系は熱が伝わりやすいので断熱性が悪いことや、固く薄いので遮音性に欠けるというデメリットがあります。
そんな金属系では銅版やガルバリウム鋼板がよく利用されているので、この2つについて詳しく解析していこうと思います。
patina-4523342_1920-columns1
銅版について
古くから多くの人に愛用されていて、建物では屋根材だけではなく桶が作られたり、柱の根元や梁の端部を覆ったりするのにも利用されています。
耐久性に関しては金属板の厚みにもよりますが、50年以上は安心して使えると思います。
緑青で覆われている銅に関しては、腐食に強くて非常に耐久性が高いため、防錆などを塗る必要性が全くありません。
無塗装なので塗り直しのメンテナンスも必要なくて、基本的には放置で大丈夫なので楽です!

ガルバリウム鋼板について
アルミニウム・亜鉛・シリコンからなるメッキ層を施した鋼板がガルバリウム鋼板で、アルミニウムの耐食性と亜鉛の防食作用の高い耐久性を有しています。
金属質を活かした素地のままでも利用されていますが、表面に塗装を施しているカラーガルバリウム鋼板もよく利用されています。
錆にも強くて軽いので耐震性にも優れているので機能性はとても高いと言えます。

耐久性は高く、耐用年数は約20年~30年ほどとなっています。

まとめ

今回は金属屋根について・そして金属屋根の種類とそれぞれの魅力についてお話してきました。
定期的なメンテナンスが面倒くさいという方には銅版がオススメだと思います。
ガルバリウム鋼板も近年は多くの方に愛用されています。

金属屋根について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181