オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根に雑草が生えた!理由と対処法について紹介します


家の外を見てみたら雑草が知らぬまに生えていた!なんて経験がある方いらっしゃるのではないでしょうか?
屋根に雑草が生えてしまう理由と対処法についてお話していこうと思います。
finland-909746_1920-columns1
・屋根に雑草が生える理由

屋根に雑草が生えてしまう原因としましては、屋根工事には漆喰を用いることが多いのですが、漆喰部分に植物の種子が付着してしまい、そのまま成長してしまうということが考えられます。

屋根工事では瓦を固定するために、土から出来ている漆喰を使っている場合があり、その漆喰部分に植物の種子などが付着してそのまま発芽してしまいます。


・放置するとどうなってしまう?

ずっと放置しておくと成長した雑草の根を伝って雨水が室内に入り込んでしまう可能性があります。
雨水が住宅内に入り込んでしまうと、雨漏りや壁の腐食が起こってしまう可能性があるため、家を悪くしてしまい、寿命を縮めてしまいます。


・対処法について

たまに勘違いしている人で、対処法として生えてる雑草を抜けば良いと思っている方がいますが、それは間違っています。
その理由として見た目だけの判断では、漆喰のどこまで根が張ってしまっているのか分からないからです。
勝手に雑草を抜いてしまうと、異常のない漆喰まで壊してしまう可能性があるので辞めましょう。


ここまで来てしまうと正確な対処法は無く、出来る事としてはその場しのぎとして除草剤を使って雑草を枯らすことくらいです。
雑草が生えないためにも定期的なメンテナンスがとても大切になってくるので、しっかり行うようにしましょう。

まとめ

今回は屋根に雑草が生える理由について・対処法についてお話してきました。
放置してしまうと雨水が室内に入り込んできてしまうので、気を付けましょう。

屋根に雑草が生える理由・対策について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181