オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の塗装で行われる縁切りとは?必用な理由について!


159dac6babc362202969d65743b1da83_s
縁切りという言葉はあまり良いイメージはありませんが、屋根の塗装で行われる縁切りはとても重要な作業です。縁切りをしっかり行わないと屋根が長持ちしないので紹介します。

縁切りとは?どんな作業なの?

屋根の塗装で行われる縁切りは、全ての屋根に必要ではなく、スレート屋根に必要な作業です。スレート屋根を塗り替える際に、ローラーなどを使って塗料を塗ると、スレートとスレートの重ね目が塗料によって塞がってしまいます。縁切りでは、塗料によって塞がってしまったスレートとスレートの重ね目をカッターなどで切ります。

縁切りが必要な訳について

通常、スレート屋根は、スレートとスレートの重ね目から雨水や湿気が排出される仕組みになっています。塗装する際に、スレートとスレートの重ね目が塗料で塞がってしまうと屋根に雨水や湿気が溜まってしまい、屋根の寿命が短くなってしまいます。縁切りを行わなかったために雨漏りの原因になることもあります。縁切りは時間や手間がかかるので、しっかり作業を行う専門業者を選ぶことが重要です。

縁切りが不要になるタスペーサーについて

縁切りは塗料で塞がってまったスレートとスレートの重ね目をカッターで丹念に切る作業です。この作業はとても大変なのでタスペーサーを使うことが多くなりました。タスペーサーは、シーラーなどを屋根に塗る下塗りが終わった段階で、スレートとスレートの重ね目に挿入します。タスペーサーによってスレートとスレートの重ね目に隙間ができるので、中塗りや上塗りをしても塗料で塞がることはありません。タスペーサーはこのようにとても便利なので使われるようになりました。

まとめ

屋根の塗装で行われる縁切りは、スレート屋根に必要な作業です。
縁切りは、塗料によって塞がってしまったスレートとスレートの重ね目をカッターで切る作業です。
タスペーサーをスレートとスレートの重ね目に挿入すると、隙間を確保できるので、縁切りを行う必要がありません。

屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181