屋根の色やデザインを変えずに外壁を強くするクリアー塗装!!


塗装完了
一般的に使用されている外壁の塗料は合成樹脂や添加剤、塗料の色の素になる
顔料などが入っていますがクリアー塗装に使用される塗料は添加剤と合成樹脂のみで
作られているので顔料は入っていません。
そのためクリアー塗装は透明な塗料です。
無色透明な塗料を使用する事で、外壁の色合いを変えることなく
保護することができるのが特徴です。
クリアー塗装に使われる塗料は艶の出る物がほとんどでしたが
最近では艶のないタイプが追加されるなど、選ぶこともできるようになりました。

クリアー塗装のメリット

何といっても一番のメリットは、外壁の色合いやデザインを変えずに
耐久性を上げることができるのです。
現在のクリア塗料はシリコンやフッ素、無機塗料などと
グレードの高いものもあるのでご要望にあった塗料を選ぶことができます。
グレードが高ければ高いほど、耐用年数も長くなっていきます。
しかし、どんな外壁にもクリアー塗装ができるわけではないのです。
次はクリアー塗装ができない外壁についてお話しします。

クリアー塗装ができない外壁

・劣化が進んでしまっている外壁
外壁が劣化してひび割れが進んでいる場合クリアー塗装をする事ができません。
通常、色付きの塗料で塗装する場合はひび割れ部分を補修材やシーリング材を 使って埋めた後に上から色で塗りつぶせるので補修部分はみえなくなりますが
クリアー塗装の場合は補修部分を隠すことができないため見た目が悪くなって しまうからです。
外壁を手で触った時に白く粉がつくチョーキング現象が起きている外壁に クリアー塗装すると白くぼんやりとした感じに仕上がってしまいます。

・コーティングされている外壁
通常クリアー塗装はサイディングの屋根にオススメなのですが サイディングの中にも無機や光触媒、フッソなどのコーティングが施されている物
があります。そのようなコーティングがされている上に クリアー塗装をすると上手くクリアー塗装が乗らずに剥がれてしまう原因になります。

まとめ

外壁の色合いやデザインを気に入っている方などにはクリアー塗装をオススメします。
クリアー塗装は劣化症状が出る前に行うのがポイントになります。
早めに家の状態を把握し劣化が進む前にクリアー塗装を施す事が重要です。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181