オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の寒割れ!!寒いと瓦が割れる??


roofing-tiles-2458515_640
屋根の寒割れってご存じですか??
一般的には瓦屋根に多く見られるトラブルです。
屋根材の中でも特に耐久が高い瓦ですが経年劣化によって瓦を固定している釘が膨張したり自然災害や何らかの衝撃によって割れてしまう事があります。
その中でも寒い時期に瓦が割れているのを見たら『寒割れ』を疑いましょう。

冬に屋根が間割れする原因

雨が降ったりした時に雨水の侵入をしっかりと防いでくれているように
見えますが、実は雨が降るたびに一定量の水分を吸収しています。
そのため、瓦に染み込んだ水分は気温が低くなると凍結し
瓦を弾き割ってしまいます。
屋根の北側の雪解けしにくい場所や水漏れなどで常に水分が溜まっているような所に
多く見られます。瓦の中でも特に吸水率が高いと言われている
粘土瓦やスレート瓦の場合、注意が必要です。

寒割れしてしまったらどうしたら良いか?

ご自宅の瓦が寒割れ7してしまった場合、ご自分でどうにかするのではなく業者に連絡してみてもらいましょう。
屋根の上は高所ですのでとても危険です。
軽度のダメージであれば寒割れしてしまった箇所のみ新しい瓦に交換などといった工事になります。
しかし寒割れは寒い時期に起こる症状ですので寒い地域にお住まいの方は冬に瓦が凍るのは毎年の事だと思います。そのため、吸水率の低い屋根材(ガルバリウム鋼板など)への葺き替えの検討されるのも良いかもしれませんね。

まとめ

屋根材にはいろいろな種類や特徴があり良い所も悪い所も持ち備えています。
ご自分のお住まいの地域性も考慮して屋根材を検討してみるのも良いと思います。
屋根の不具合を感じた際には早めに業者に連絡をしてみてもらいましょう。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181