オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨樋の詰まりや破損は雨漏りの原因になる?放置は厳禁!


0bdc47e380e12a103afba9feaea35936_s
雨樋には、屋根に降った雨を集めて、下水などへ効率的に流す役割があります。雨樋が詰まったり、破損したりすると雨漏りの原因になることがあるので紹介します。

雨樋の詰まりや破損は雨漏りの原因になるの?

屋根に降った雨を集めて、下水などへ効率的に流す役割がある雨樋。雨樋が詰まってしまうと、溢れた雨水が屋根の中に入り込んだり、外壁に流れたりすることで、雨漏りの原因になることがあります。雨樋が破損してしまうと、雨水が地面に勢いよく落ちるため、地面が深くえぐられる問題が発生。更に、雨音もうるさくなるため、ご近所へ迷惑がかかることがあるので、放置は厳禁です。

雨樋の破損や詰まりはなぜ発生するの?

雨樋を固定する金具が経年劣化で折れたり、曲がったりすることがあります。一つの金具が正常に機能しなくなると、他の金具にも影響がでるため、雨樋全体が破損してしまう事態になりかねません。また、樹脂でできた雨樋は、紫外線を浴び続けると劣化して変形することもあります。一方、雨樋には落ち葉や枯れ木、砂などが詰まることで、雨水が正常に流せなくなる上、溜まった砂から雑草などが生えることもあります。

雨樋の破損や詰まりは信頼できる専門業者に任せましょう

雨樋は、破損や詰まりが目視で確認できる上、屋根とは独立して取り付けられているため、ご自分で交換したり、掃除したりしようと考えている方がいるかもしれません。しかし、雨樋の交換や掃除は高所作業となります。そのため作業中の落下など色々な危険性があるので、信頼できる専門業者に依頼したほうが安心です。

まとめ

雨樋には、雨水を下水などへ流す役割があるため、詰まってしまうと溢れた雨水が屋根の中に入り込んだり、外壁に流れたりして、雨漏りの原因になりことがあります。雨樋には落ち葉や枯れ木、砂などが詰まることで、雨水が正常に流せなくなります。雨樋の修理や掃除は高所作業となるので、信頼できる専門業者に依頼しましょう。雨樋に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181