オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

素材別の屋根塗装の方法について


クールサーム
ご自宅の屋根が少し色褪せてきたな...傷んできたな...などと思い
屋根の塗装を検討される方も多いと思いますが
実際に、どのような塗装方法がご自宅に合っているのか分からず
そのままにしてしまい、屋根の葺き替えなどの大がかりな工事を
しなくてはいけなくなるまで放置してしまうケースが多いので
今回は屋根素材別の塗装のタイミングや塗装方法ついてお話しします。
ぜひご参考にされてください。

塗装を行う主な屋根素材と方法

塗装を行う主な屋根素材は『スレート瓦』『トタン屋根(金属屋根)』
『モニエル瓦(セメント瓦)』『折半屋根』があります。

・スレート瓦(コロニアルやカラーベスト)
こちらの屋根材は塗装を定期的に行わないと防水性や耐水性が維持できなくなり
ひどくなると葺き替えが必要になります。
色が褪せたり色ムラ、苔やカビが生えているなどの症状が見られた際は
そのまま放置せずに塗装を行いましょう。

・トタン屋根(金属屋根)
重さが軽く地震に強い屋根材として知られています。
トタン屋根のほとんどは防錆防止処理が施されています。
変色や退色、チョーキング現象などの症状がでた場合はトタン自体の劣化に
つながる恐れがあるので早めに塗装しましょう。

・モニエル瓦(セメント瓦)
コンクリートと同質の無機質着色剤である着色ラスリーを塗膜として形を作り
さらにアクリル樹脂のクリアー塗料を塗布した屋根材です。
金属屋根と同様に変色や退色、チョーキング現象などがでた場合は
塗膜の退化が主な原因となるので早めに塗装しましょう。


塗装方法

【スレート瓦】
・高圧洗浄で苔などの汚れや、元々の古い塗膜を洗い流す。
・鉄部分の錆を落とし、ひび割れ等が見られたら補修する。
・鉄部分に錆止めを塗る。
・下塗り材(シーラー等)を塗る。
・タスペーサーを取り付ける。
・中塗り材、上塗り材を塗る。

【トタン屋根】
・ケレンを行う(元々の古い塗膜の除去や目荒らし作業を行う。)
・塗装を行わない部分に養生をする。
・錆止め処理(下塗り工程)を行う。
・上塗り材を塗る。

【モニエル瓦】
・高圧洗浄で元々の古い塗膜を洗い流す。
・下地の調整や補修を行う。(クラック処理やシーリング工事、破損した瓦の交換)
・塗装を行わない部分に養生をする。
・下塗り材を塗る。
・上塗り材を塗る。

まとめ

今回は屋根素材別の塗装のタイミングや方法についてお話ししました。
少しでも疑問に思ったりする事があるときは、そのまま放置せずに 業者に見てもらい点検してみましょう。

屋根の事でお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181