オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

透湿ルーフィングとは?種類があるの?重要な役割がある!


3b1a694b43fbf2501f50cdf534fdf15c_s
ルーフィング(防止紙)は雨水の侵入を防止する役割がある重要な部材です。屋根はルーフィングとスレートや瓦といった屋根材によって雨漏りを防止しています。ここでは、透湿ルーフィングについて紹介します。

透湿ルーフィングとは?

雨水が侵入することを防ぐのがルーフィングの役割です。ルーフィングを大きく分けると透湿ルーフィング非透湿ルーフィングがあります。透湿ルーフィングは湿気を通す機能が備わっていますが、非透湿ルーフィングは湿気を通す機能が備わっていません。

湿気を通す機能があることで、野地板を腐食させる湿気を逃がすことができるメリットがあります。ただ、透湿ルーフィングは非透湿ルーフィングと比べると価格が高いデメリットがあります。高い価格のせいか、透湿ルーフィングより非透湿ルーフィングを選ぶ方は多いです。ただ、屋根を長持ちさせようと考えるのであれば、透湿ルーフィングがおすすめです。

透湿ルーフィングの種類について

通常の透湿ルーフィング以外に、粘着型透湿ルーフィング遮熱型透湿ルーフィングといった種類があります。粘着型透湿ルーフィングや遮熱型透湿ルーフィングは、通常の透湿ルーフィングと同様に雨水の侵入を防止する機能や湿気を逃がす機能があります。

更に、粘着型透湿ルーフィングは
タッカーや釘で固定する必要がありません。一方、遮熱型透湿ルーフィングを配置することで、屋根材から野地板へ熱が伝わりづらくなるので、屋根裏や室内の温度が上昇することを防げます。

まとめ

透湿ルーフィングについて紹介しました。透湿ルーフィングは湿気を通す機能があることで、野地板を腐食させる湿気を逃がすことができるメリットがありますが、価格が高いデメリットがあります。粘着型透湿ルーフィングはタッカーや釘で固定する必要がありません。遮熱型透湿ルーフィングは屋根裏や室内の温度が上昇することを防げます。透湿ルーフィングに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181