オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、雨音が気になって寝れない!金属屋根の雨音対策


9a7fed1dbab880e1564eef5f9fba0735_s-1-columns3
8e7147b4d6cdd29350749aae953c3381_s-columns3
トタン屋根確認と職人
草津市のお客様より「雨音が酷くて夜なかなか眠れないことがある」と以前相談を受けたことがあります。 どのように対策をすればよいのでしょうか? 一緒に見ていきましょう!

金属屋根の雨音がうるさく感じる理由について

金属は音が反響しやすいので雨音がうるさく感じるということもありますが、1番の理由はやはりその厚さにあります。
屋根材として利用される金属は想像よりも遥かに薄いため、雨が降った際の水滴が金属屋根に当たると、かなり大きい音が響いてしまいます。

それにもしかしたら屋根が原因ではない可能性もあります。
確かに金属屋根の反響によって雨音がうるさい場合もありますが、外壁が原因という可能性もあります。
小屋根や地面から雨が反射して外壁に叩きつけることによって音がしたりすることもあります。

rain-432770_1920-3-columns1
金属屋根のオススメな雨音対策について

雨音防止材で雨音を吸収する
制振シートというものがあり、屋根に直接粘着シートで貼り付けることが可能となっていて、優秀な制振効果があります。
軽くて柔らかいガラス繊維なので、施工・加工も簡単で接着後の折り曲げ加工も出来ます。

内側から対策をする方法
屋根裏に吸音断熱材を入れることで、これまでの屋根はそのままで、屋根裏で音を吸収してくれます。
防音効果もとても高くて、工事も最短1日で終わるので、負担も少なくてコストパフォーマンスも良いです。

さらに吸音断熱材を設置すれば、音だけではなくその名の通り、断熱性能も高まります。
夏は屋根の温度をシャットアウトすることが出来て、冬は室内の温度を外に逃さないため、常にお部屋を快適に保つことが出来ます。
雨音を軽減したいという方は、快適に過ごすことを望んでいると思いますので、吸音断熱材を入れることで更に快適に過ごすことが出来るので、とてもオススメです。

まとめ

今回は金属屋根の雨音対策についてお話してきました。
雨音防止剤で雨音を吸収する方法と、吸音断熱材を入れて音を吸収する方法をオススメします。

草津市の方に限らず、金属屋根の雨音対策について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。

その他

日々のブログはもちろん、お客様の声施工事例をアップしていますので合わせてご覧ください!
お客様と撮影
お客様との写真
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181