オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

遮熱塗料によって冬は部屋の中が寒くなってしまうのか?


太陽光を効率よく反射して、赤外線の吸収を抑え、室内の温度上昇を抑制する遮熱塗料のおかげで夏はとても快適に過ごすことが可能です。
ですがシ遮熱塗料は、冬も同様に太陽光を反射し室内の温度上昇を抑制してしまいます。
夏暑いのは嫌ですが、冬に寒いのも嫌ですよね。
ですが夏の室内温度低下に比べて、冬の室内温度の低下がごくわずかであるとしたらとても魅力的ですよね?
そんな魅了的な話があるのが事実です。

そんな冬の室内温度の低下がごくわずかになる理由について、お話してきたいと思います。


farm-2702094_1920-columns1
夏の場合
夏はほぼ垂直に太陽が降り注ぐイメージです。
そのために日光が屋根に当たる量が多くなり、遮熱塗料がここで大活躍してくれます。
外壁に当たる光、窓から室内に差し込む光も少ないため、窓の周辺にしか差し込んできません。

冬の場合
水平とは言わないまでも、夏とは違い垂直ではなく、横方向から太陽光が差し込んで来るイメージです。
外壁に当たる光が増えて、なおかつ窓から部屋に差し込んでくる光の量も増えます。
なので寒い季節にはとてもありがたいですね。

つまり冬は横方向から太陽が当たるため、屋根の遮熱塗料が活躍しないので、遮熱塗料のせいで部屋が寒くなることはあまりないです。
それに夏に比べて外壁が太陽で温められる時間が増えるので、部屋に差し込む光も増えるため、遮熱塗料で屋根の塗装を行っていても温度の低下は最小限に抑えることが出来ます。

必要以上に部屋の中の温度低下を気にしなくても良いというのは、嬉しい事実です。

まとめ

今回は遮熱塗料によって冬は部屋の中が、寒くなってしまうのかという疑問についてお話してきました。
夏と冬では太陽が当たる角度が全く持って違っていて、夏は遮熱塗料のおかげで部屋を涼しく保つことができ、冬は遮熱塗料が活躍しないので部屋の暖かさを保つことが出来ます。
なので冬に遮熱塗料によって部屋が寒くなってしまうという可能性は、少ないことが分かりました。


遮熱塗料について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181