瓦屋根って耐震性大丈夫?オススメの屋根について


大きい地震が起きると、よくテレビで瓦屋根の家が倒壊している家が映し出されるため、「瓦屋根は耐震性がない」と思っている方多いのではないでしょうか?
確かに重量も重いし、すぐ倒壊しそうなイメージはありますが、本当にそうなのでしょうか?

実際のところ、屋根重さによって耐震性が変わってくるのは確かです。
ですが、「瓦屋根だから倒壊する、軽い屋根だから倒壊しない」という単純な問題ではありません。
倒壊する家の構造として共通しているものは、構造が脆弱であるということです。
構造が脆弱であるということは、壁の量が少ない・梁が太くない・基礎が堅固でない・開口部の位置やバランスに偏りがあるということです。

こうした構造では、いくら屋根が軽くても揺れは大きくなってしまいます。
なので瓦屋根だから倒壊する、屋根が重いから倒壊しやすいというわけではないということです!

ではどのような屋根を選べば、「耐震性に優れているから自分の家は安心!」「自分の家の屋根は最高!」と言い切れるのでしょうか。
オススメの屋根についてお話していきます。

earthquake-1665870_1920-columns1
オススメな屋根について

軽量防災瓦
今、瓦屋根で選ぶなら「軽量防災瓦」がオススメです。
軽量防災瓦」は一般的な瓦の特徴を持ちつつも、重量を1割ほど軽減していて瓦同士が噛み合う構造によって、地震での瓦のズレなどを防いでくれます。
海水や雨・湿気などに強いのも魅力的です。

自然石粒付鋼板
ガルバリウム鋼板を表面を自然石粒でコーティングしたものとなっていて、ガルバリウム鋼板のメリットはそのままで、遮熱性・防音性を高めています。

まとめ

今回は瓦屋根の耐震性について、オススメな屋根についてお話してきました。
瓦屋根だから倒壊する、屋根が重いから倒壊しやすいというわけではないことが、お分かり頂けたと思います。

瓦屋根の耐震性について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181