オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

招き屋根は最高の屋根?一体どんな屋根なのか


招き屋根とは一般的な三角屋根の一方を長くし、反対側を短くした屋根のことを指し、2面の屋根が段違いになっているのが特徴です。
屋根の高さを段違いにしていることから、屋根裏を広く活用することが出来るという特徴があり、天井が高い部屋をつくりたいという方にオススメです。
そんな招き屋根のメリット・デメリットについてお話していきます。
solar-panel-array-1591358_1280-columns1
招き屋根のメリットについて
屋根裏に大きなスペースが確保できる
屋根を互い違いにしているため、その分室内空間が広くなります。

耐風性に優れている
2面の屋根が互い違いに支え合っているので、頑丈になっていて、屋根が2つに分かれているので風の影響を分散させることが出来ます。

太陽光パネルの発電効率が高い
太陽光パネルの理想的な設置角度(約30°)と屋根の勾配がほぼ一致しているため、発電効率がとても高いです。

季節問わずに過ごしやすい
屋根裏の通気性や断熱性がとても高く、冬は暖かく、夏は涼しく快適に過ごすことが出来ます。

施工費用が安い
シンプルな造りになっているので安価で済みます。

お洒落な外観を造ることが出来る
建物の形に合わせて屋根を設置することが出来るので、デザインの自由度が高く、外観にこだわったお洒落な家造りが出来ます。
屋根材もスレートや日本瓦など、ある程度自由に選ぶことが出来ます。

招き屋根のデメリットについて
雨仕舞いを行わないと雨漏りのリスクがある
屋根と外壁が接触する部分の雨仕舞い(雨漏りしないように接着すること)をしっかりと行わないと、雨漏りのリスクがあります。



まとめ

今回は招き屋根の特徴とメリット・デメリットについてお話してきました。
最高の屋根と呼び声の高い、「招き屋根」はデメリットとして挙げられる点が1つしか無く、それにさえ注意を払っていれば何もデメリットがないです。
施工面も安く、お洒落な外観を造ることが出来るので、とてもオススメです。

招き屋根について、または他の屋根のことでもお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181